WordPress

アドセンスでアソシエイトでアフィリエイトで複数のサイトに広告を貼るとき登録は必要?

投稿日:2018年7月9日 更新日:

Googleアドセンス、Amazonアソシエイト、A8.net(エーハチネット)、楽天アフィリエイト、バリューコマース、afb(アフィリエイトb)の広告を貼るとき、新しいドメインを取得したサイトやサブドメイン、サブディレクトリで作成した副サイトは登録しなくてはならないのか調べてみました。

 

Googleアドセンスで複数サイトの登録は?

 

原則、登録は必要ありません
ただし「サイトの認証」を設定している場合は新ドメイン・サブドメインとも要認証

 

サブドメインとはURLがhttps://xxx.nnnn.comとなるものであり、it.sorayori.comはドメインsorayori.comのサブドメインです。

 

AdSenseのヘルプページにはこう記されています。

新しいサイトに広告コードを配置する場合、新たにアカウントを開設したり Google に連絡したりする必要はありません。アカウントが承認されている場合は、AdSense コードを新しいページに配置すると、アカウントに新しいサイトが自動的に関連付けられます。

出典:AdSenseヘルプ>ウェブサイトの管理

しかし同ページでは
・新しく追加されたサイトの コンテンツと広告の掲載方法がポリシーに準拠していること(当然です)
・定期的に審査を行っていること
・問題がある場合はサイト運営者に連絡すること
がアナウンスされています。

またGoogleアドセンスにログイン後、左メニューからアカウント>サマリー「サイトを管理」ページで「サイトの認証」を設定している場合は、新たなドメイン、サブドメインを認証する必要があります。

「サイトを管理」ページで表示されるリストは「確認済み」か「未確認」となっています。アドセンス広告を貼るページがもしも「未確認」となっていたら「確認済み」とし認証しましょう。

詳細は上記「出典」をご覧ください。

 

「サイトの認証」のメリット

「サイトの認証」しておくと広告の効果アップに活用できたり、不正利用防止に役立てることができます。

 

認証すると不要な広告をブロックできます

たとえば「想定するターゲットによって、サイトAは『趣味、レジャー、ゲーム』の『玩具、ゲーム』カテゴリーは非表示にしたい、しかし新たに追加するサイトBはぜひ表示したい」などというときに、それぞれのサイトで設定を変更することができます。

Googleアドセンスは自動で広告が表示され便利ですが、サイトのターゲットに合わせ、より効率の良い業種の表示回数を増やすことでさらに高い広告効果を狙うことが可能となります。

 

認証すると不正利用防止に役立ちます

あなたの登録しているGoogleアドセンスの広告コードが読み取られ不正に利用される場合があります。禁止行為を行うなど悪質ないやがらせをされることがあり、最悪、アカウントの停止に至るケースも。

「サイトの認証」を設定しておくと「確認済サイト」以外のURLに広告が貼られても表示されません。

 

Googleアドセンスへのサイトの登録方法

Googleアドセンスにログインし左メニューからアカウント>サマリーで「サイトを管理」画面が表示されます。

新たなドメイン・サブドメインを追加する場合は、下の画像右上の「+」マークをクリックします。

すでにアドセンス広告が貼られているものはリストに表示されます。

たとえば…

affiliregistration01

ドメインsorayori.comはすでに登録済みのため、左に緑色のチェックマークが付いています。

また「1個のサブドメイン」とあります。右の「V」字マークをクリックしてみましょう。

 

サブドメインit.sorayori.comが表示されました。すでに取得している広告コードで広告を貼っているため「サイトのリスト」に表示されています。

affiliregistration02

これを正式に認証しましょう。右下の「詳細を表示」をクリックします。

 

すると右に「V」時のプルダウンマークが表示されるのでクリックします。

affiliregistration03

 

https://it.sorayori.comが「確認済みのサイト」になっていません。スライドボタンをクリックし、緑表示にします。

affiliregistration04

 

不要な広告をブロックする方法

左側のメニューで「ブロックのコントロール」>「コンテンツ」を表示すると新たにhttps://it.sorayori.comが追加されています。

 

ここでhttps://it.sorayori.comをクリックすると、広告のブロックを設定する画面が表示され、https://it.sorayori.comだけの設定として特定の URL の広告をサイトに表示しないようブロックしたり、カテゴリー単位でブロックできるようになります。

 

副サイトの広告の貼り替え

主サイト(ドメイン)と副サイト(サブドメイン)のどちらで作成した広告ユニットも相互に掲載することができます。

新たに作成した広告ユニットに副サイトがわかる名称を設定することで、広告の管理を主サイトと切り分けることもできます。

 

以上でGoogleアドセンスでの複数サイトの登録の解説は終了です。

 

Amazonアソシエイトで複数サイトの登録は?

 

新規ドメイン、サブドメインは登録が必要です。サブディレクトリは必要ありません。

 

サブドメインとはURLがhttps://xxx.nnnn.comとなるものであり、it.sorayori.comはドメインsorayori.comのサブドメインです。一方サブディレクトリはURLがhttps://nnnn.com/xxxとなるものです。

 

多くの情報サイトで「サブディレクトリは必要ない」としているため、これに準じます。ただし公式では言及していません。Amazonアソシエイト・プログラム運営規約では

申込フォームには、乙のサイト(複数のサイトを登録する場合は全ての乙のサイト)を特定する必要があります。

出典:Amazonアソシエイト・プログラム運営規約「2.参加申込み」

としています。

サブディレクトリはURLがhttps://nnnn.com/xxxとなり、ドメインの所有者が明確であり「サイトを特定」できるため「登録不要」となっているものと考えられます。

 

サイトの登録のメリット

サブドメインを登録後、アソシエイトIDの下に紐づけされるトラッキングIDを副サイト用に新たに作成し、利用するとサイトごとに紹介料を管理することができます。

affiliregistration_am16

 

Amazonアソシエイトのサイトの登録方法

step
1
サイトの審査

まずサイトが適正なものか審査を受ける必要があります。

参考:Amazonアソシエイト「ヘルプ」

アソシエイトカスタマーサービスに連絡する」のページを開き、必要事項を入力します。

affiliregistration_am06

[1]Amazonアソシエイトに登録している名前を入力します。

[2]同じ画面の右上に表示されている「サインイン」ボタンでログインすると「メインEメールアドレス」が表示されます。

affiliregistration_am07

[3]プルダウンメニューの候補から「アカウント情報の変更、登録URLの追加など」を選択します。

[4][2]の操作でこちらも表示されます。

[5]サイトのURLを入力します。

[6]追加依頼の文章を入力します。IT-SORAYORI追加の際には以下のように記述しました。

いつもお世話になっております。
登録URLの追加をお願いいたします。
サイト名:IT-SORAYORI
サイトの内容:そらよりブログの「モバイル&PC」カテゴリーを分割しサブドメインにて新設。パソコン、モバイル、WordPress、サービスの4カテゴリーでライフハック、使い方ガイド、Tips、トラブル解決法などを紹介しています。
以上
審査のほどよろしくお願いいたします。

記事の日付表示は必須!

審査を申請するサイトの各記事には日付を表示することが必須のようです。

 

step
2
審査結果メールの受取

 

IT-SORAYORI追加の際は「サイトの審査」を依頼した翌朝には結果を知らせるメールが届き承認されました。

 

step
3
サイトの登録

 

承認されたサイトは速やかに登録しましょう。Amazonアソシエイトにサインイン(ログイン)後、ホーム画面で[1]最上部に表示されている登録メールアドレス右のプルダウンメニューをクリック。[2]「アカウントの管理」をクリックします。

affiliregistration_am01

 

「アカウント情報」画面で「ウェブサイトとモバイルアプリの変更」をクリック。

affiliregistration_am02

 

「ウェブサイト情報の入力」欄にサイトのURLを入力し、「追加」ボタンをクリックします。

affiliregistration_am03

 

step
4
Webサイト情報の確認(変更)

 

「サイトの登録」が完了したら「Webサイト情報の確認」で登録内容をサイトに合わせ変更しましょう。

Amazonアソシエイトにサインイン(ログイン)後、ホーム画面で[1]最上部に表示されている登録メールアドレス右のプルダウンメニューをクリック。[2]「アカウントの管理」をクリックします。

affiliregistration_am01

 

「アカウント情報」画面で「Webサイト情報の確認」をクリック。

affiliregistration_am04

 

「登録ウェブサイトURL」にサイトのURLが表示されているのを確認します。

下段のWebサイトの説明欄以下を追加後の状態に即したものへと変更します。

affiliregistration_am05

 

新しいトラッキングIDの作成

サイトを登録後、アソシエイトIDの下に紐づけされるトラッキングIDをサイト用に新たに作成するとサイトごとに紹介料を管理することができます。

ただしサイトごとの管理が不要の方は必須ではありません。取得済のトラッキングIDを使い回してもまったく問題ありません。

Amazonアソシエイトにサインイン(ログイン)後、ホーム画面で[1]最上部に表示されている登録メールアドレス右のプルダウンメニューをクリック。[2]「アカウントの管理」をクリックします。

affiliregistration_am01

 

「アカウントの管理」画面で「トラッキングIDの管理」をクリック。

affiliregistration_am12

 

「トラッキングIDの管理」画面で「トラッキングIDを追加する」をクリック。

affiliregistration_am13

 

「新しいトラッキングIDを追加」画面で任意の文字列を入力し、「作成」ボタンをクリックします。

affiliregistration_am14

 

「~を生成しました」と表示されれば完了です。

affiliregistration_am15

 

前述の「トラッキングIDの管理」画面で先ほど作成した新しいトラッキングIDが確認できます。

 

副サイトの広告の作成

主サイトと副サイトどちらのトラッキングIDで作成した商品リンクも相互に掲載することができます。

副サイトに対して発行されるトラッキングIDは任意の申し出によるものです。副サイトで発生した紹介料は既存のアソシエイトIDの成果として集計されまとめて支払われます。

参考:Amazonアソシエイト ヘルプ「既存のアソシエイトIDの配下に複数のトラッキングIDを追加することはできますか?」

アソシエイトIDに紐づけされる副サイトのトラッキングIDを設定することで紹介料の管理をサイトごとに切り分けることができます。

副サイトを主サイトから分割した場合、主サイトで設定した広告ユニットは主サイトの効果としてカウントされます。副サイト用に新たに設定したトラッキングIDに貼り替えることで副サイトの効果としてカウントできます。

各ツールの設定方法は以下です。

 

Amazonアソシエイト「商品リンク」

ログイン後「商品リンク」画面右上からトラッキングIDが選択できます。

affiliregistration_am11

 

商品紹介ブログパーツ「カエレバ」

トップページ「ユーザーデーター入力」の項でサイト名とトラッキングIDを追加します。

affiliregistration_am16

 

トップページで商品検索後「ブログパーツ生成」の項のプルダウンメニューからサイト名を選択します。

affiliregistration_am17

 

WordPressプラグイン「Rinker」

affiliregistration_am10

 

WordPressプラグイン「AmazonJS」

プラグインの設定項目はアクセスキーID、シークレットアクセスキー、アソシエイトタグとなっています。アソシエイトタグは文言の類似性からアソシエイトIDをさしているものと思われます。すなわちAmazonJSでのトラッキングIDによる管理はできないものと思われます。

 

トラッキングIDごとの紹介料の確認方法

副サイト用のトラッキングIDを取得すると単独で獲得した紹介料の内訳を確認することができます。

Amazonアソシエイトにサインイン(ログイン)後、ホーム画面で「今月のレポート」の下にある「レポートの詳細をみる」をクリックします。

affiliregistration_am08

 

「レポート」画面が表示されるので[1]「トラッキングID:すべて」の右のプルダウンメニューから[2]任意のトラッキングIDを選択することで確認可能です。

affiliregistration_am09

 

以上でAmazonアソシエイトに関する解説は終了です。

 

A8.net(エーハチネット)で複数サイトの登録は?

 

登録が必要です。

参考:A8.net メディア会員利用規約「第18条 禁止行為-(5)」

 

オフィシャルサイトで

複数のサイトに広告を掲載したい場合は、副サイト登録をしてください。

出典:TOP(サポートガイド) > メディア会員様向けヘルプ > 07.サイト登録について

とあります。

 

副サイトの登録のメリット

副サイトを登録すると「成果報酬レポート」画面でサイト別の報酬が確認できます。

 

A8.net(エーハチネット)の副サイトの登録方法

ログイン後トップページ右上の「登録情報」>「サイト情報の登録・修正」をクリックします。

affiliregistration_a8_01

 

会員情報の更新には再認証が必要なため、再度ログインします。

 

「サイトの登録・修正・削除」画面が表示されるので左下の「副サイトを登録する」をクリックします。

副サイトの作成によってほかの登録サイトの情報を変更する必要がある場合は同画面右の「修正」をクリックします

affiliregistration_a8_02

 

表示された「サイトの登録・修正・削除」画面で各項目を入力します。サイトを作成したばかりでまだ実績がない場合は「月間ビジター数」「月間ページビュー数」は見込値でかまいません。

affiliregistration_a8_03

なおGoogleアナリティクスをご利用の方のために…

・「月間ビジター数」とは「アナリティクス[ユーザー>概要]」で確認できる「ユーザー」

・「月間ページビュー数」とは「アナリティクス[ユーザー>概要]で確認できる「ページビュー」

にそれぞれ該当するものと思われます。

 

副サイトの広告の作成

主サイトと副サイトどちらの名称で作成した広告も相互に掲載することができます。

参考:A8.netTOP(サポートガイド) > メディア会員様向けヘルプ > 07.サイト登録について

「広告リンクコード生成」時に「掲載サイト」をプルダウンメニューから選択することで、収益の管理をサイトごとに切り分けることができます。

affiliregistration_a8_04

副サイトを主サイトから分割した場合、主サイトで設定した広告は主サイトの効果としてカウントされます。副サイト用に新たに設定した広告に貼り替えることで副サイトの効果としてカウントできます。

 

掲載サイトごとの報酬の確認方法

ログイン後トップページ上の「レポート」タグ>「成果報酬」を選択。

「成果報酬レポート」画面で「サイト別」をクリックすると、サイトごとの報酬が表示されます。

 

affiliregistration_a8_05

 

以上でA8.net(エーハチネット)に関する解説は終了です。

 

楽天アフィリエイトで複数サイトの登録は?

 

楽天ブログ以外であれば新規ドメイン、サブドメイン、サブディレクトリのいずれも必要ありません。

 

楽天ブログで楽天アフィリエイトを利用する場合は登録が必須となっています。

参考:楽天アフィリエイトヘルプページ「サイト情報の登録」

しかしそれ以外であれば登録しなくても成果報酬(ポイント)は発生します。ただし公式では「よりよいサービス運営に必要な情報」としてサイトの登録が推奨されています。

参考:楽天アフィリエイトヘルプページ「サイト情報の登録」

 

登録のメリット

副サイトを登録しても、サイトごとの成果報酬(ポイント)の確認はできません。

参考:楽天アフィリエイトヘルプページ「成果の確認」

 

楽天アフィリエイトのサイトの登録方法

ログイン後トップページ右中段の「サイト情報の登録」をクリックします。

affiliregistration_rk_01

 

「ユーザー情報の確認・変更」画面で「追加登録」をクリック。

affiliregistration_rk_02

従来の登録サイトに変更が生じた場合は、上の画像の「編集」(青いボタン)で次画面に進みます。

 

「サイト情報の登録」画面で各項目に入力し「保存」ボタンで確定します。

affiliregistration_rk_03

 

以上で楽天アフィリエイトに関する解説は終了です。

 

バリューコマースで複数サイトの登録は?

 

登録が必要です。

 

登録内容に変更が生じた場合は規定の方法で通知するよう利用規約で定められています。

第6条(申込事項および届出事項)
アフィリエイトサイト運営者は、申込事項または登録事項に変更が生じた場合、自己責任において管理画面にて事実に相違ない情報へ登録内容の変更を行うものとします。

第14条(禁止行為)
10.アフィリエイトサイトの内容の変更 アフィリエイトサイト運営者が当社に対して、当社が別途定める手続きによる通知を行わず、または当社の同意なしに、アフィリエイトサイトを本プログラム登録時の内容から大幅に変更してはならないものとします。

出典:バリューコマースアフィリエイトプログラム アフィリエイトサイト運営者利用規約

 

サイトの登録のメリット

サイトを登録すると「レポート」画面でサイト別の報酬が確認できます。

 

バリューコマースのサイトの登録方法

ログイン後トップ画面最上部の「設定」からプルダウンメニュー「サイトの追加」をクリック。

affiliregistration_vc_01

 

「サイトを追加する」画面で必要事項を入力します。

affiliregistration_vc_02

 

新規サイトの作成によってほかの登録サイトの情報を変更する必要がある場合は、画面上の[1]のプルダウンメニューから目的のサイトを選択後、「設定」のプルダウンメニューから[2]「サイト情報」をクリック。

affiliregistration_vc_03

 

「サイト情報」画面が表示されるので右の「編集する」をクリック。変更を加えます。

affiliregistration_vc_04

 

複数サイトの広告の作成

登録サイトごとに広告コードを取得します。異なるサイトには掲載できません

参考:バリューコマース 管理画面ヘルプ

 

バリューコマース「商品リンク」

ログイン後任意の画面上部の[1]のプルダウンメニューから目的のサイトを指定後、[2]メニューバー「広告検索/作成」で承認を得るか、あるいは広告リンクコードを取得します。

affiliregistration_vc_05

副サイトを主サイトから分割した場合、主サイトで設定した広告は副サイト用の広告に貼り替える必要があります。

なおバリューコマースには特定のコードを取得し、HTMLの</head>の直前に貼る(WordPressはheader.php)ことで広告主サイトのページURLがアフィリエイトリンクに自動変換する「LinkSwitch」機能があります。詳しくはこちらをご参照ください。

 

商品紹介ブログパーツ「カエレバ」

Amazon、楽天、Yahoo!ショッピング、7net、Wowma!をバリューコマースで設定している方は、トップページ「ユーザーデーター入力」の項で、新たなサイト名と「sid:」「pid:」を追加する必要があります。「sid:」「pid:」はこちらから調べることができます。

affiliregistration_vc_06

 

 

トップページで商品検索後「ブログパーツ生成」の項のプルダウンメニューからサイト名を選択します。

affiliregistration_am17

 

副サイトを主サイトから分割した場合、主サイトで設定したブログパーツは副サイト用のブログパーツに貼り替える必要があります。

 

WordPressプラグイン「Rinker」

Yahoo!ショッピングをバリューコマースで設定している方は前述の「LinkSwitch」機能でコードを取得する必要があります。

affiliregistration_vc_07

 

ログイン後任意のページ上部の[1]「サイトID」プルダウンメニューから目的のサイト名を指定し、メニューバー「広告管理/ツール」のプルダウンメニューから[2]「LinkSwitch」を選択、「LinkSwitch設定」をクリック。

affiliregistration_vc_08

 

つぎに表示される画面最下段の「LinkSwitchを利用開始する」をクリック。

affiliregistration_vc_09

 

「LinkSwitch設定」画面で表示されるタグを選択・コピーし、コードを「Linker」の指定部分にペーストします。

affiliregistration_vc_10

 

サイトごとの収益の確認方法

ログイン後任意のページ上部の[1]「サイトID」プルダウンメニューから目的のサイト名を指定し、メニューバー「レポート」のプルダウンメニューから[2]各種レポートをクリックし確認できます。

affiliregistration_vc_11

 

以上でバリューコマースに関する解説は終了です。

 

afb(アフィリエイトb)で複数サイトの登録は?

 

登録が必要です。

 

登録されたサイト以外での広告の掲載は利用規約で禁止されています。

プログラムやiframe等を用いて不正に成果を発生させる行為やリードメールへの掲載、登録されたサイト以外での広告掲載、リンクコードの改変などは禁止事項となりますのでご注意ください。

出典:afb パートナー規約

 

サイトの登録のメリット

サイトを登録すると「レポート」画面でサイト別の報酬が確認できます。

 

afb(アフィリエイトb)のサイトの登録方法

ログイン後トップ画面上部のメニューバー「登録情報管理」からプルダウンメニュー「サイト情報」をクリック。

affiliregistration_afb_01

 

「サイト情報」画面で「サイトの追加申請はこちら」をクリック。

affiliregistration_afb_02

 

「サイト情報変更」画面で各項目に記入・選択します。

「サイトジャンル」の項はサイトの内容にマッチした掲載したい広告ジャンルで判断するとよいでしょう。

affiliregistration_afb_03

最後に[1]「入力内容を確認する」をクリックし次画面で確定します。

なお複数のサイトを一括登録する場合は[2]「サイト一括申請」が便利です。csv形式でまとめて登録できます。

 

副サイトの作成によってほかの登録サイトの情報を変更する必要がある場合は、ログイン後画面上部のメニューバー「登録情報管理」>「サイト情報」画面を表示。「サイト情報変更」「サイトURL変更」で次画面へ進み、変更します。

affiliregistration_afb_04

 

複数サイトの広告の作成

登録サイトごとに広告コードを取得します。規約等では確認できませんが、広告の作成手順から異なるサイトには掲載できないようです

ログイン後画面上部のメニューバー「広告・提携管理」から表示されるプルダウンメニューで任意の検索項目を選択(何も選択しなくても広告の検索画面が表示されます)。いずれの検索画面でも赤枠内のような「サイト名」をプルダウンメニューから指定するボックスが表示されます。

affiliregistration_afb_05

 

「サイト名」をしたら、広告を検索し、承認申請、あるいは広告コードを取得します。

 

サイトごとの紹介料の確認方法

ログイン後画面上部のメニューバー「レポート」から表示されるプルダウンメニューで任意の任意のレポート項目を選択。

affiliregistration_afb_06

 

各レポート画面で[1]「全件」あるいは[2]登録サイトごとのレポートを表示することができます。

affiliregistration_afb_07

 

以上でafb(アフィリエイトb)に関する解説は終了です。

 

まとめ

「アドセンスでアソシエイトでアフィリエイトで複数のサイトに広告を貼るとき登録は必要?」という疑問について、Googleアドセンス、Amazonアソシエイト、A8.net(エーハチネット)、楽天アフィリエイト、バリューコマース、afb(アフィリエイトb)の各ケースについて解説してきました。

登録についてはGoogleアドセンス、楽天アフィリエイトの規制が比較的緩い印象です。

取得した広告タグの各登録サイトへの流用についてはA8.net(エーハチネット)、楽天アフィリエイトの規制が比較的緩い印象です。

複数サイト運営時には各サービスの規約を再確認し、広告を正しく掲載しましょう。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

お役立ち記事

171106twittertsuchi2 1
pdfedit 2
Twitterスパムアイキャッチ 3
photo_gallery10 4
spotify_1807 5
ipodアイキャッチ 6
yahoo_auc_eye 7
プリンター250 8
Evernote新機能01 9
無線LAN04-2 10
zenfone_filedelete46 11
kensaku05 12
googlesite02 13
spotify_sf_size01 14

-WordPress
-, , , , ,

Copyright© IT-SORAYORI , 2018 All Rights Reserved.