モバイル

Androidスマホでアルファベット(英文字)のフリック入力を直接入力に切り替えたい

アルファベットのフリック入力が不便

日本語のフリック入力は早くて便利ですよね。でも、IT-SORAYORIはアルファベット(英文字)のそれになかなかなれることができません。日本語は「あ」行、「か」行と仮想キーボードの位置が判別しやすいのに対し、アルファベットのフリック入力は頭の文字を探すのに手間取ってしまいます。

alphabet_input02

(C)Google

なのでアルファベット26文字をすべて表示した状態(QWERTY配列)で1文字1文字をタップする直接入力にしています。

alphabet_input01

(C)Google

あなたのスマホはアルファベットもフリック入力になっていませんか。もしも不便とお考えで、直すのが面倒でそのままにしているとしたら、この機会にぜひ変更してください。じつはかんかんなのです。

なお説明はASUS ZenFone Go ZB551KLを使います。

 

直接入力への変更方法

ホーム画面の「設定」を開きます。

alphabet_input03

(C)Google

画面をスクロールし「言語と入力」をタップ。

 

 

alphabet_input05

(C)Google

つぎに表示される「言語と入力」画面で「現在のキーボード」が「Gboard」になっていることを確認します。

もしそうでない場合は、ここをタップしてキーボードを「Gboard」に切り替えます。

alphabet_input08

(C)Google

 

ASUS ZenFone Go では

「現在のキーボード」は「Gboard」以外に「ATOK for ASUS」が選択可能です。こちらで日本語をフリック入力する場合、候補の表示はちょっとユニークです。

alphabet_input06

「Gboard」では上下左右です。

 

alphabet_input07

しかし「ATOK for ASUS」では扇型に表示されます。

たとえばAndroidタブレットなど別のモバイル端末にATOK が搭載されていない場合、文字入力の操作方法が異なり、ちょっと不便だったりします。

そのためスマホでもキーボードは汎用性の高い「Gboard」をおすすめします。

 

つぎに「Gboard」の設定を変更します。「Gboard」をタップ。

alphabet_input04

(C)Google

 

「言語」をタップします。

alphabet_input09

(C)Google

 

「12キー」をタップします。

alphabet_input10

(C)Google

 

最下段に表示される「12キーレイアウトの設定」で「英字入力はQWERTY」を有効にします。

alphabet_input11

(C)Google

 

これで設定は完了です。

ちなみにすべて大文字で入力する場合は、あらかじめ上矢印をダブルタップしておきます。

alphabet_input12

 

文字入力の方法はひとそれぞれです。好みに応じられるようにスマホやタブレットではいくつかの選択肢が用意されています。しかしその親切心が仇となり、機能が複雑化し、最適な方法を見つけにくいという弊害が生まれています。

「シンプル・イズ・ベスト」の考えで、ここでは「Gboard」キーボードのケースでご紹介しました。スマホに不慣れな方にお役に立てれば幸いです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

お役立ち記事

171106twittertsuchi2 1
photo_gallery10 2
cdrive_partition 3
無線LAN04-2 4
Twitterスパムアイキャッチ 5
pdfedit 6
doubleclick190419_01 7
kensaku05 8
cameratrouble 9
spotify_1807 10
ipodアイキャッチ 11
trackerupdater01 12
hdd_vibrationsound 13
プリンター250 14

-モバイル
-,

Copyright© IT-SORAYORI , 2019 All Rights Reserved.