WordPress

Googleアナリティクスで任意のページのAdSense収益を確認する方法

投稿日:

ブログなどのページを削除する前、そのページの価値を確認しておきたいときがあります。収益を上げていたり、サイト全体への貢献度の高いページを誤って削除しないためです。

この記事ではGoogleアナリティクスで任意のページのページビュー数やAdSenseの収益などを表示する方法を解説します。

なおGoogleアナリティクスのアカウントは設定済とします。またGoogleアナリティクスとアドセンスの連結が済んでいるものとします。

 

Googleアナリティクスで新しいカスタムレポートを作成

analytics_adsense01

Googleアナリティクスにログイン後、左のメニューで「カスタム」>「カスタムレポート」>「新しいカスタムレポート」をクリックします。

すると「カスタムレポートの作成」画面が表示されます。

 

「全般情報」を入力

analytics_adsense02

「カスタムレポートの作成」画面を上から説明していきます。

まず「全般情報」に任意の名称を入力します。たとえば僕は「AdSenseの収益」としました。

 

「レポートの内容」>「レポートタブ」の名前を入力

analytics_adsense03

「レポートの内容」>「レポートタブ」の名前」欄に任意の名称を入力します。「レポートタブ」とあるところに、僕は前項同様の文言「AdSenseの収益」と上書きしました。

 

「指標グループ」の設定

analytics_adsense04

[1] 指標グループに任意の名称を入力します。前項同様の文言「AdSenseの収益」と上書きしました。

[2]確認したい指標項目を「指標を追加」で選択します。

analytics_adsense05

「指標を追加」をクリックすると候補がプルダウンメニューで表示されます。候補の数が多いので検索ボックスを利用することも可能です。ただ原因は不明ですが、ほとんどの指標がスクロールして探さなくてはなりません。

 

設定する指標例

設定する指標は好みのものが選択できます。僕は以下の八つの指標を選択しました。アナリティクス初心者なのでこの選択がベストとは言えません。ご自身の判断でチョイスいただきたいと思います。

表示順はバナーをドラッグすることで、あとから自由に変更できます。

analytics_adsense06

参考のため上記の各指標を選択する手がかりとなるカテゴリーを掲載しておきます。

「他のディメンション」>「ユーザー」>「ページビュー数」
「他のディメンション」>「広告」>「AdSenseの収益」
「他のディメンション」>「広告」>「クリックされたAdSense広告」
「他のディメンション」>「広告」>「AdSenseのCTR」
「他のディメンション」>「ユーザー」>「ページ/セッション」
※1セッション(訪問)当たりの平均ページビュー数
「他のディメンション」>「ユーザー」>「平均セッション時間」
※1セッション(訪問)当たりの平均滞在時間(離脱ページは含まない)
「他のディメンション」>「ユーザー」>「平均ページ滞在時間」
※1ページビュー当たりの平均滞在時間(離脱ページは含まない)
「他のディメンション」>「ユーザー」>「直帰率」
※そのページだけを閲覧し離脱する割合/この数字が低いとサイトへの貢献度は高いと見込まれる

 

「ディメンションの詳細」の設定

analytics_adsense07

「ディメンションの詳細」項で「ディメンションを追加」をクリック。プルダウンメニューを表示させます。

 

analytics_adsense08

「ページタイトル」を選択します。これで各ページがURLではなく、タイトルの文言で表示されます。

こちらも指標と同じように選択するカテゴリーを記述しておきます。

「他のディメンション」>「行動」>「ページタイトル」

 

オプションの設定

analytics_adsense09

[1] 「フィルタ・オプション」は設定不要です。

[2] 複数のサイトをGoogleアナリティクスで管理されている方は「このアカウントに設定されているすべてのビュー」に「チェック」を入れるとよいでしょう。

[3] 最後に「保存」をクリックして新しいカスタムレポートの作成は完了です。

 

作成したカスタムレポートを表示する

analytics_adsense11

Googleアナリティクスにログイン後、左のメニューで「カスタム」>「カスタムレポート」>先ほど作成したカスタムレポート「AdSenseの収益」をクリックします。

するとつぎのようなカスタムレポート画面が表示されます。

ブラウザでブックマークしておくと次回から便利です。

 

analytics_adsense10

[1] 「カスタムレポート」のメニューから表示しました。

[2] チェックしたいサイトが選択できます。

[3] 任意の期間が設定できます。

analytics_adsense12

[4] すべてのページの設定した指標が上位順にタイトルの文言で一覧表示されます。

[5] 今回の設定では「ページビュー数」が最初の項に設定されています。そのためその数の多いページから表示されます。右隣りの「AdSenseの収益」をクリックすると収益の多いページからの表示に変更できます。

analytics_adsense13

[6] 目的の任意のページは「アドバンス」にタイトルの一部を入力し検索することで絞り込めます。

analytics_adsense14

 

まとめ

Googleアナリティクスで任意のページのAdSense収益を確認するには、まず「カスタムレポート」を作成し、「アドバンス」の欄に目的のページのタイトルの一部を入力、検索・表示します。

なお、ここでご紹介した方法は、こちらのページでも活用できます。

postandadsense
AFFINGER5でアドセンス広告の高収益ページをおすすめ記事にしてます

続きを見る

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

お役立ち記事

171106twittertsuchi2 1
pdfedit 2
Twitterスパムアイキャッチ 3
photo_gallery10 4
spotify_1807 5
ipodアイキャッチ 6
yahoo_auc_eye 7
プリンター250 8
Evernote新機能01 9
無線LAN04-2 10
zenfone_filedelete46 11
kensaku05 12
googlesite02 13
spotify_sf_size01 14

-WordPress
-,

Copyright© IT-SORAYORI , 2018 All Rights Reserved.