WordPress

AFFINGER4で指定したフォントサイズのパーセントを元に戻したい

投稿日:2017年9月28日 更新日:

AFFINGER4でプラグイン「TinyMCE Advanced 」を使用するとフォントサイズの変更はパーセント(%)方式になっています。相対単位を用いることでレスポンシブ対応しており、AFFINGER4らしい親切設計です。

ところで、あれ、元に戻すとき、どうしてますか?

え?そんなめんどうくさいことやってたの?と逆に笑われてしまいそうですが、もしかしたら僕と同じように迷宮をさまよっている方がいるかもしれないのでシェアさせてください。

答えはとてもかんたんです。すぐ知りたい方はこちらをクリックしてこの記事の下段にジャンプしてください。

※2018年6月6日現在、AFFINGER5WINGでは「めんどうくさいこと」をしないと変更できない仕様になっているようです。

 

fontsize_percent

 

フォントサイズ変更たとえばこんなとき

fontsize_percent01

「テスト」という文言を250%に拡大するとします。

 

fontsize_percent02

大きくなりました。でも、問題はこれをもとのサイズに戻したいとき。

AFFINGER4でパソコン表示するときの「段落」の文字サイズはデフォルトでは15ピクセルです。

パソコンのフォントサイズの調べ方

ダッシュボード>外観>「テーマの編集」で、右上の「編集するテーマ」から親テーマ「AFFINGER4」を表示させ「選択」をクリック。下段までスクロールし「スタイル(style.css)」をクリックします。

表示されたコードの任意の場所をクリックし、Windowsなら「F3キー」で検索ボックスを表示。「PCサイズ」を検索表示させます。すると

「/*media Queries PCサイズ(960px)以上で適応したいCSS - PCのみ」

という文言が検索できるので、下にスクロール。「各フォント設定」の項で

font-size: 15px;

が確認できます。

しかし、先ほどの選択肢に「15ピクセル」はないし「100%」もありません。パーセントで無理やり選ぼうとすると「90%」あるいは「120%」。これでは元に戻せません。

そこで、こんなめんどうなことをやっていました。

fontsize_percent03

「テキストエディタ」モードにし<span style>で指定していたフォントサイズをいちいち消していました。

それがあるときひょんなことからもっとかんたんにできることを知ったのです。

 

もとに戻す方法はこれ

fontsize_percent04

サイズを変更した文言を選択すると上のボックスにそのパーセントが表示されます。それと同じパーセントを選択してやればいいだけでした。

そういえば「B」(ボールド)に指定したフォントを戻すときも同じようにもう一度選択すればよかった。基本操作なのに、ここはパーセントにとらわれ、すっかり忘れていました。

あなたはいかがでしたか? お役に立てたらうれしいのですが。

 

「段落」のデフォルトの文字サイズの変更はこちらをご参照ください

affinger4title
AFFINGER4の記事タイトルや見出し、段落、ぱんくず、カテゴリー、投稿日の文字(フォント)と色を変更したい!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

お役立ち記事

171106twittertsuchi2 1
pdfedit 2
Twitterスパムアイキャッチ 3
photo_gallery10 4
spotify_1807 5
ipodアイキャッチ 6
yahoo_auc_eye 7
プリンター250 8
Evernote新機能01 9
無線LAN04-2 10
zenfone_filedelete46 11
kensaku05 12
googlesite02 13
spotify_sf_size01 14

-WordPress
-

Copyright© IT-SORAYORI , 2018 All Rights Reserved.