WordPress

Broken Link CheckerでAmazon商品画像リンクのリンクエラー「タイムアウト」を解決したい!

投稿日:

WordPressのプラグイン「Broken Link Checker」で、Amazonアソシエイトで作成したあるCDの商品画像リンクにリンクエラーが発生しました。原因はよくわからないのですが、かんたんに対処できたのでシェアします。

 

「タイムアウト」なら「再確認」でOKに

linkchecker01

WordPressのダッシュボード「設定」>「リンクチェッカー」を開くとステータスに「タイムアウト」の表示がありました。

 

linkchecker02

マウスオーバーすると表示される「再確認」のボタンをクリック。

 

linkchecker03

すると1分ほどで緑色の「OK」のサインが表示され、エラーのカウントが消えました。

ほとんどの場合、これで解決できます。

もしも以上の操作でエラーが消えなければ、つぎの操作をお試しください。

 

商品画像リンクを再度貼り直す

リンクエラーの商品画像を特定する

ひとつのページに複数の商品画像を貼っている場合、どれがリンクエラーとなっているか特定しなくてはなりません。

リンクチェッカー画面で

まず「タイムアウト」の下をマウスオーバーすると表示される「詳細」をクリック。

「リダイレクト先URL」から英数字(数字のみのケースも)で構成された10桁のASINコード(書籍ならISBN-10)を特定し、メモしておきます。

linkchecker04

 

リンクエラーのページで

リンクエラーの発生しているページで「投稿の編集」画面を開き、商品画像リンクのASINコード(書籍ならISBN-10)をチェックします。

 

linkchecker06

商品画像を右クリックすると「えんぴつ」ボタンが表示されるので、これをクリックします。

 

linkchecker07

「リンク先」のURLが表示されます。「product」の後ろに表示されているのがASINコード(書籍ならISBN-10)です。

先ほどのメモと突き合わせてみてください。一致すれば、それがリンクエラーを引き起こしている商品画像リンクです。

ちなみにASINコードは商品ページでは「登録情報」の一項目して表示されています。

linkchecker05

 

商品画像のリンクを貼り直す

Amazonアソシエイトにログインし「商品リンク」ページを開きます。そして前項で特定したASINコード(書籍ならISBN-10)を検索します。

表示された画面で商品を確認し「リンクを作成」。「商品リンクのHTMLを取得」し、商品画像リンクを貼り直します。

これでリンクエラーは解決されるはずです。

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

お役立ち記事

171106twittertsuchi2 1
photo_gallery10 2
cdrive_partition 3
無線LAN04-2 4
Twitterスパムアイキャッチ 5
pdfedit 6
doubleclick190419_01 7
kensaku05 8
cameratrouble 9
spotify_1807 10
ipodアイキャッチ 11
trackerupdater01 12
hdd_vibrationsound 13
プリンター250 14

-WordPress
-

Copyright© IT-SORAYORI , 2019 All Rights Reserved.