WordPress

ロリポップか?エックスサーバーか?WordPress初心者の収益をめざしたレンタルサーバー選びを考える

投稿日:2016年7月11日 更新日:

独自ドメインでWordPressのブログで稼ぐ!さてサーバーは?

ブログで稼ぎたい。そう決心したつぎに来るアクションといえば独自ドメインの取得、そしてWordPressでの運用となる方が少なくないのでは。

そこで問題となるのがレンタルサーバーの選定です。

この記事ではコスト優先のロリポップ(LoliPop)と高速・安定稼働のエックスサーバー(XSERVER)のどちらがおすすめであるか、という話をします。

結論を先に申し上げれば1年目はロリポップ(LoliPop)ライトでコストを極力抑える。経験を積み知見を広げWordPressやサイト運用などに自信をつけたところで2年目からエックスサーバー(XSERVER)。高速・安定稼働の環境で本格的なマネタイズに乗り出すことをおススメします。

よく最初からエックスサーバーを推奨する方がいらっしゃいますが、そらよりはおすすめしません。国立競技場に高い使用料を払って反復横跳びの練習をするようなもので、まずは近くの公園で基礎体力づくりに励むのがよいと考えるからです。

もしもブログサイトのマネタイズは不向きだとわかったとき無駄に高い固定費で縛られないために最初はリスクの少ない形で入るのがベストです。

実際に僕もそうやって地道に足場を固めてきたから、自信をもってそう申し上げることができます。

 

なんとか安定したマネタイズに道筋がついた僕のブログ歴

僕の経験をお話ししましょう。

WordPress歴は2018今年の秋で3年半です。

もともとNAVERまとめで月間100万超アクセスを稼ぎ、そこからあるバイラルメディアの立ち上げに契約ライターとして加わり、ある程度満足できる収益を得ていました。

ただ瞬く間に場が荒れだし、運営側もあおる一方で、嫌気がさしたことから契約を解除しました。

その途中の2015年6月、収益を上げられる自主運営のメディアに挑戦したいと独自ドメインを取得、WordPressに取り組みました。

このとき利用したサーバーはロリポップで、GoogleアドセンスやアフィリエイトサービスのA8.netなどでコンテンツのマネタイズに挑戦しました。

最初の3ヵ月間は海外の無料テーマを使いながら、その設定方法を解説するちょっとニッチなブログをやっていました。しかしこれが散々で月の収益はGoogleアドセンスが支払いを開始してくれる3000円に遠く及びませんでした。

そこで同年9月、テーマを当時人気の無料テーマSTINGERに変え、IT-SORAYORIの母体そらよりブログを始めます。このときバイラルメディアの人気記事を引き揚げ掲載しました。

そしてWordPressを始めて1年が経過しGoogleアドセンスがわずかながら伸び始めた2016年9月、そらよりブログをエックスサーバーに移します。

その後テーマを有料のAFFINGERに変え、3年を過ぎた現在ようやく月間数万円の安定的な収入を得るまでになりました。

AFFINGER5(WING)・スポンサーリンク

 

世間では「3ヵ月で月10万円」などと威勢のよい話を見かけますが、数年前のアフィリエイト黎明期か、いまなら化粧品のアフィリエイトなどでよほどうまくいかない限り個人サイトでは信じられない数字です。おじさんの僕にはちょっと無理かな。

もしも最初からエックスサーバーで始めていたら、粘り強く取り組めなかったでしょう。月額固定費に苦しみ最初の3ヵ月で心が折れていたはずです。

 

さて、僕が利用し始めた当時とは若干仕様が異なっていますが、現在のロリポップとエックスサーバーを比べてみましょう。

なおここで紹介するレンタルサーバープランはいずれもWordPress簡易インストールが可能です。そのためかんたんにWordPressブログが始められます。

 

初心者に十分なスペックのロリポップ「ライト」

基本的な機能と価格です。

181115serverplan2

ロリポップ「ライト」はディスク容量50GBで月額250円(6ヵ月以上契約・税抜)[1ヵ月・3ヵ月契約の場合月額300円]。ちなみに格安を謳うH社は容量3GBで年間税込2500円です。年間税抜額で比較すると1年間に約500円しか差がありません。圧倒的に高いコストパフォーマンスであることがわかります。

じつはディスク容量50GBと3GBでは大きな違いがあります。定期的にとるバックアップの容量、メールで使用する容量、さらに複数ドメインを運用する容量(ひとつのWordPressで複数のブログを運営する「マルチサイト」はおすすめしません。理由は後述)などを考慮すると3GBででは相当不安です。

ロリポップ「ライト」は本格的なマネタイズを狙ったサイトの運用には不向きだと言われることがあります。およそ1年間付き合ってみて、その言い分も一理あると思いました。たとえば明らかにサーバーがダウンしてメールもサイトも1時間以上アクセスできなくなったことが1回ありました(2016年当時の話です)。また記事を編集中にアクセスが途切れるということも少なくありません(2016年当時の話です)。マネタイズの機会損失を招くこうした不具合は上級者にはストレスとなるでしょう。

でも、格安で練習に使っている、と割り切れば、コストパフォーマンスのメリットがその不満を上回ります。要は何の目的でそのレンタルサーバーを使っているのか、というご本人の気持ち次第なのです。

というわけで1年目はロリポップ「ライト」がおすすめなのです。

テーマは無料の「Simplicity2」かその後継版「Cocoon」がおすすめです。シンプルであり、カスタマイズしやすく、さらに「Cocoon」はデザインが美しいと評判。Tipsもネット上でたくさん公開されており参考になります。

なお表中の「CGI版PHP」「共有SSL」「(PHPバージョン)7.1CGI」については次項で後述します。

「無料ショッピングカート付き(カラーミーショップforロリポップ!/独自ドメイン不可)についてはECサイトのお試しにはよいかもしれません。しかし後々のことを考えると最初から無料のショッピングカートプラグインを用いたほうが得策と考えます。

 

ロリポップ・スポンサーリンク

 

 

本格運用でエックスサーバー「X10」に

スピードと容量が決め手

ロリポップで経験を積んだ僕はつぎにブログの本格的なマネタイズに向けレンタルサーバーのクオリティを上げることにしました。

「低価格・コストパフォーマンス重視」から「高速・安定稼働重視」へ。求めるスペックを実現するためなら、それなりの固定費を払ってもよい、と思えるようになりました。それは1年間実際に運用してみてある程度マネタイズの手応えが得られたこと、固定費へのリスクヘッジのとれる体制が取れたことが背景にあります。

つぎはどんなサーバーにすればよいのか。僕がが悩んだのはロリポップ「スタンダード」とエックスサーバー「X10」でした。

そして選んだのは料金が2倍のエックスサーバー。その理由は…

「とにかく速いと定評があり、サーバー稼働率も99.99%を誇っている」
「容量が200GBと余裕があり、先々じっくりコンテンツを充実していける」

この2点を高く評価した結果でした。

Google検索結果の上位に記事が表示されるにはスピードが重要になってきた現在なら迷うことなく「X10」にするでしょう。

下図赤枠内をご覧ください。

 

181115serverplan

PHPに注目!

「特徴」の項、ロリポップの「モジュール版PHP」とは何でしょう。「ライト」プランの「CGI版PHP」と併せてご説明します。

PHPはプログラム言語のひとつ。WordPressでも用いられています。そしてPHPには「CGI版」と「モジュール版」という二種類があります。

「CGI版」は本体のWebサーバーとは別のプロセスとなるためセキュリティに優れています。しかし「モジュール版」より速度が落ちるという欠点があります。それをカバーするためFastCGIという仕様を用いるケースがあります。

一方「モジュール版」はWebサーバー内ですべてのプロセスを完結するため高速処理が可能となります。セキュリティ面で「CGI版」版に劣りますが「セーフモード」という設定でそれをカバーすることが可能です。

つまりロリポップでは「ライト」より「スタンダード」の方が速いことになります。

一方エックスサーバーは表中下の「PHPバージョン」の項をご覧ください。ロリポップは7.1ですが、エックスサーバーは7.2となっています。このバージョンの違いがより高速になっていることを意味します。

「CGI版」「モジュール版」のどちらもが標準で有効になっていますが、これは常時最適化されていると捉えてよいでしょう。

 

随時高速化がサポートされるエックスサーバー

さらに2018年9月からは…

「同一ファイルへの再度のアクセス時にはブラウザのキャッシュファイルが利用されるようになり、表示速度の向上や転送量の軽減が期待できる『ブラウザキャッシュ設定』機能の提供が開始。

また「従来の10倍以上のアクセス処理性能!Webサイトの高速化・同時アクセス数の拡張を実現する『Xアクセラレータ』機能の提供が開始。

従来の料金のまま、随時、高速化がサポートされユーザーは安心して利用を続けられます。

※以前から加入していた僕はサーバーの都合で実際には2019年1月からの適用予定です。

 

共有SSLと独自SSLの違い

エックスサーバーへ移行後、独自SSLが無料で利用できるようになりました。

SSLは、そのサイトが暗号化通信の元にあり安全であることを保証するものです。SSL暗号化通信はお問合せフォームやコメントなどがハッキングされるのを防ぎ、機密性を高めます。

大手検索エンジンもSSL暗号化通信への対応を検索結果表示順位の評価対象にしているということです。つまり必須のSEO対策と言えるでしょう。

独自SSLとはかんたんに説明するとサイト運営者の所在が確認されたサイトであることを証明するものであり、URLが「https://」で表示されます。これはドメインごとに発効されます。

一方共有SSLはレンタルサーバー会社に対して発効されるものです。そのため「https://」で始まるURL表示が、取得したドメインとは異なることになります。よって閲覧者に思わぬ不信感を与えてしまう危険性があります。

これらのようにユーザーファーストで最新・最適な環境を用意してくれる「X10」がおすすめであり、エックスサーバーがおすすめなのです。

エックスサーバー・スポンサーリンク


 

エックスサーバーの独自SSLの設定は超簡単

せっかくなのでエックスサーバーの独自SSLの設定がどれだけ簡単か。ちょっとご紹介しておきましょう。

サーバー契約・ドメイン取得(または移転)が完了すると「サーバーパネル」と呼ぶFTP関連の設定ができる画面へとログインできるようになります。

ログイン後「ドメイン」>「SSL設定」の「独自SSL設定の追加」タブをクリックすると次の画面が表示されます。

ssl

出典:エックスサーバー

「サーバーパネル」にログインしています
「SSL設定」を選びました
「独自SSL設定の追加」タブをクリックしています

設定対象ドメイン及びサイトが目的のものであることを確認してください。

チェックは不要です
「独自SSL設定を追加する(確定)」をクリック

そう。この画面ではをワンクリックする操作だけで設定が完了してしまうのです。

参照:エックスサーバーSSL設定公式マニュアル

 

さっそくhttps//:でアクセスしてみましょう。

sslalart

出典:Google

あれれ。おかしいですね。不穏なアラートが表示されてしまいました。でもご心配なく。設定の反映までに「最大1時間程度かかる」と先ほどの設定画面の下に書いてあります。しばらくすると無事、サイトが表示されるようになります。

そうでした。エックスサーバーのカスタマーサポートにお問合せフォームで質問を送ったところ、日曜日の夕方にも関わらず、25分で回答をいただきました。びっくりです。こんなスピードで対応してくれるところはかつてありませんでした。追記しておきます。

 

その後のエックスサーバーの活用

そらよりブログをエックスサーバーに移したことを契機にテーマを無料のSTINGERから有料のAFFINGERに変更。現在はAFFINGER5(WING)を使用しています。

せっかくのエックスサーバー。テーマも本格的なものを使用する欲が出てきたわけです。

こうしたポジティブな思考へと進んでいく意味でも、エックスサーバーにしてよかったと感じています。

僕はその後、新たにいくつかのWordPressブログを立ち上げ、現在は5つのブログを「X10」に集約しています。

なおAFFINGER5(WING)は2018年11月現在、導入条件として「PHPバージョン 7.2推奨(7.1以上必須)」となっています。AFFINGER5(WING)をお考えの方には、そのパフォーマンを十分に発揮させるため断然「X10」がおすすめということになります。

エックスサーバーには標準でバックアップ機能がついていますが、万が一の際にデータを提供してもらうには別途料金が発生します。そこで僕は無料バックアッププラグイン「BackWPup」を使用し、随時、自分でバックアップを取るようにしています。

 

エックスサーバーのキャンペーンを見逃すな

僕がレンタルサーバーのバージョンアップを考えたとき「ドメインプレゼントキャンペーン」期間中だったことも、エックスサーバーを選んだ理由です。

2016年8月31日までに新たにサーバーアカウントを申し込むと次の特典がありました。

キャンペーン対象のサーバーアカウントをご契約いただいた方に、独自ドメイン(.com/.net/.org/.biz/.infoからいずれか)を1個進呈
今回ご契約のサーバーをご利用の間は、進呈したドメインの更新費も無料

出典:エックスサーバー

従来、大手のドメイン取得管理サービスを利用してきましたが、そちらでは取得時に1000円以上、2年目以降毎年更新時に1000円以上のコストが掛かっていました。これがゼロ円になるのです。

※現在は更新料が2000円以上と跳ねあがっています。

通常この特典が受けられるのは上位のX20プラン、X30プランのみで、X10は対象外でした。

campaigndomain

出典:エックスサーバー

つまりキャンペーン期間中のみの特別措置。この機会を見逃す手はないと考えました。

現在、このキャンペーンも大幅に進化し、2018年11月1日から15日までは

初期手数料半額 3000円→1500円
独自ドメイン2個無料進呈(独自ドメインの移行も可)
その2個の更新料も永久無料

でした。

エックスサーバーへの移行にはタイミングも重要です。

現在キャンペーン実施中

2018年11月16日より2018年12月20日まで「独自ドメインプレゼントキャンペーン」を実施しています。

サーバー本契約後、.com .net .org .info .bizの中からお好きな独自ドメインを1つプレゼント!さらに対象ドメインの更新料金も無料。

この機会にぜひどうぞ。

エックスサーバー・スポンサーリンク


 

マルチサイトにこだわる方へ

僕はロリポップを選ぶとき、サブドメイン型マルチサイトにこだわっていました。

ひとつのWordPressで複数のサブドメインのブログを運用しようとしたのです。容量節約だけでなくWordPressやプラグインの設定が1回だけで済むというのが魅力でした。

しかし実際にやってみてあまり意味がなかったな、と思いました。結局、ディスク容量の潤沢な「X10」に移行するのですから、節約面でのメリットは感じませんでした。

むしろマルチサイトにすると、WordPressのプラグインや機能に制約が生じました。

たとえばカード式の外部リンクが作れる「Pz-LinkCard」が使えなくなりました。

手軽にスタイルシートの編集ができる「テーマの編集」はダッシュボード>外観の第1階層に表示されるべきところが変な場所に移動してしまいました。これについては詳細を記事にしてあるのでご参照ください。

またサーバーの移転時に特別な手順が必要で、たいへん苦労した記憶があります。

設定が若干面倒ではありますが、やはりひとつのドメイン(サブドメイン)にひとつのWordPressがよいように思います。

 

まとめ

ブログからの収益をめざして始めるWordPress初心者には

1年目はロリポップ「ライト」で適正判断&実力養成
やれると自信がついてから本格的なエックスサーバー「X10」

がおすすめです。

 

お役立ち記事

171106twittertsuchi2 1
pdfedit 2
Twitterスパムアイキャッチ 3
photo_gallery10 4
spotify_1807 5
ipodアイキャッチ 6
yahoo_auc_eye 7
プリンター250 8
Evernote新機能01 9
無線LAN04-2 10
zenfone_filedelete46 11
kensaku05 12
googlesite02 13
spotify_sf_size01 14

-WordPress
-, ,

Copyright© IT-SORAYORI , 2018 All Rights Reserved.