おしらせ

 おしらせ:Amazonでまとめ買いをしてくださった方、いつもありがとうございます。
tablet2

タブレット活用術

タブレット活用術:PCとUSBケーブルで接続しスクリーンショット画像をパソコンから取り出す

Wi-Fi環境ではPCとタブレットでファイルを共有するのはかんたんでした。だってGoogleドライブに放り込んでおけばよいだけですから。

でもモバイルネットワークのデータ通信環境下では、そうはいきません。だって見る見る保有するギガが消費されてしまうんですから。

目下、実家でひかり回線の敷設待ちの僕は、スマホのデザリングでタブレットをネットにつないでいます。試しにPCを同様にデザリング経由にしてみたら、通常1日250MB程度だったものがなんと1.5GBも無駄遣いしてしまいました。2週間近くネットから外れていたら、システムやセキュリティソフト、メールなどの更新が溜まっていたようです。恐るべしPC。

そこでネットへの接続はスマホとタブレットに限定。PCで必要な作業は、タブレットとUSBケーブルで直結しファイルをやりとりすることにしました。これならPCの通信料金はかかりませんからね。

なぜそうまでしてつなぎたいのかというと、タブレットで撮ったスクリーンショットをPCのAdobe Photoshopで編集加工したいからです。

ゆくゆくは専用のアプリを入れタブレット上で画像編集・加工する予定ですが、今はPCのフォトショがとにかくラクチンです。

 

タブレットとPCを直結する

僕のタブレットは「HUAWEI MediaPad M5」です。PCはWindows10マシン。今回はこのふたつをUSBケーブルでつなぎデータファイルをやりとりします。

タブレットとPCをつなぐとPC側にはつぎのようなWindowが立ち上がります。アドレスバーに「HUAWEI MediaPad M5…」とあります。

connect_pc01

 

エクスプローラーでPCを開くと「デバイスとドライブ」として認識されているのがわかります。

自動でHUAWEIの「Hi Suite」も設定されます。詳しくはこちらをどうぞ。

connect_pc02

 

一方、タブレットにはつぎのようなウィンドウが開きます。ファイルの共有のラジオボタンをタップし有効にします。

connect_pc03

 

するとPC側では先ほどのウィンドウに「SDカード」と「内部ストレージ」のふたつのフォルダーを表示されます。

今回は「SDカード」に保存したデータファイルを共有します。

connect_pc04

 

「SDカード」を開くと、さらに内部のフォルダが表示されます。
僕は予めタブレットでこの場所に新規フォルダを作成してありました。名称は任意に設定でき「PCFileShare」としてあります。

connect_pc05

これを開くと、すでに保存してあるファイルが表示されます。この場所に新たなデータファイル(タブレットで撮ったスクリーンショット)をコピーします。

 

 

スクリーンショットの画像をSDカードに移す

ここからはタブレットの操作です。

スクリーンショットは右サイドの「音量下げ」と「電源」のふたつのボタンを同時に押します。

スクリーンショットの画像は「ギャラリー」と「ファイル」で確認できます。
PCと直結しデータを共有するには「ファイル」を使います。ここ、ポイントです。スマホの要領で「ギャラリー」から移動できると踏んでいたのですが、どこにもそんな選択肢は見当たりませんでした。1時間近く頑張ってやっと「ファイル」でできることを理解しました。

connect_pc06

「ファイル」をタップすると「カテゴリ」が表示されます。「カテゴリ」の中の「画像」を開きます。

connect_pc07

 

つぎに「Screenshots」を開きます。

connect_pc08

 

現在タブレットに保存されている「スクリーンショット」が一覧で表示されました。

[1]目的のファイルをロングタップで選択(2個目からはタップで可)し[2]右上のボタンでコピーします。

connect_pc09

 

自動で「本体」タブに遷移します。ここでコピーしたファイルをペーストする対象フォルダを選びます。今回は「SDカード」を選択します。

connect_pc10

 

さらに「SDカード」の中のフォルダが表示されます。予め作成してある「PCFileShare」をタップして開きます。

connect_pc11

 

右上のボタンでペーストします。本来は「コピー」ボタンのマークですが、ここではペースト機能を担っているようです。

connect_pc12

 

PCで共有する

ここからはPCの操作です。

デスクトップにタブレットで作成した「PCFileShare」を表示させます。前項の操作の前から開いたままでしたら一旦閉じ、再度開いてください。

すると先ほどペーストしたファイルが追加で表示されているはずです。

connect_pc13

これをPCの任意の場所にコピーするとよいでしょう。Adobe Photoshop上からファイルを指定する場合、複数の項目を開くことはできません。

これで一連の操作は終了です。

 

まとめ

今回ご紹介したのは「タブレットで撮ったスクリーンショット」を「タブレットとPCをUSBケーブルでダイレクトにつなぎ」「PCで共有する」というニッチなケースです。

しかし、もしもWi-Fi環境がない、あるいはGoogleドライブなどのストレージサービスを使用していない、という方がいたら、きっと役立てていただけるはず。

もちろん一般的なデータファイルの共有も可能です。

この操作は「逆もまた可」で、タブレットに無料で利用できるWordやExcelなどを入れておけば、PCで作成したファイルを読み取ることもできます。

いざというときのためにぜひブックマークしておいてください。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

お役立ち記事

171106twittertsuchi2 1
photo_gallery10 2
cdrive_partition 3
無線LAN04-2 4
Twitterスパムアイキャッチ 5
pdfedit 6
doubleclick190419_01 7
kensaku05 8
cameratrouble 9
spotify_1807 10
ipodアイキャッチ 11
trackerupdater01 12
hdd_vibrationsound 13
プリンター250 14

-タブレット活用術
-, , ,

Copyright© IT-SORAYORI , 2019 All Rights Reserved.