サービス

Twitter「モーメント」の使い方!僕は自分のブログ告知集を作ってみた!

投稿日:2016年10月3日 更新日:

Twitterに「モーメント」という機能があるのをご存知ですか。2016年9月から使えるようになった比較的新しい機能なのでまだ使ったことがないという方が少なくないのでは。

 

Twitter「モーメント」とは

モーメントは英語でMoments=瞬間。Twitterの「モーメント」とは、つまり「一瞬一瞬のまとめ」ということでしょうか。自分やほかの人の過去のツイートを1ページにまとめ公開できる機能です。イメージとしてはNAVERまとめのTwitterコレクション版。でも広告収入の分配金が入るわけではありません。テーマを決めて、自分なりに編集したツイート集を作れるのが魅力です。

僕はこれまでツイートしたブログの告知をピックアップし、PR用の「モーメント」を作成しました。

この記事ではその作成方法をパソコンとスマホにわけて解説します。なおWindowsパソコンの場合、上記「目次」以外にも、「F3」キーで任意の文言を検索することが可能です。

 

1805moment03

 

パソコンで「モーメント」を作る方法

ここではTwitterのブラウザ版(Google Chrome)で解説します。

なおTwitter for Windows10アプリで「モーメント」を閲覧することは可能ですが、2018年5月13日現在、新規作成することはできません。

「モーメント」を選択

1805moment01

ブラウザからTwitterにログインし、メニューバーの「モーメント」をクリック。

 

「モーメントを作成」をクリック

1805moment02

「モーメント」画面が表示されるので右上の「モーメントを作成」をクリック。

 

タイトルを入力し、ツイートを選ぶ

1805moment04

[1] これから作成する「モーメント」のタイトルと説明を入力します。今回はそらよりの日常のおもしろ話をまとめたカテゴリー「ゲシュタルトくん」の告知ツイートで作成します。

[2] 「モーメントに追加するツイート」を選びます。「いいねしたツイート」「アカウント別ツイート」「ツイート検索」「ツイートへのリンクから」の四つから選べます。今回は「ツイート検索」を使用してみました。

[3] 「ツイート検索」
「ツイート検索」タブをクリックすると検索ボックスが表示されるので、検索範囲(自分のアカウント)を指定し、キーワードを入力します。今回は「ゲシュタルトくん」カテゴリーの記事に関するツイートを検索します。一度ブログに戻り、該当記事のタイトルからキーワードをメモしておくとよいでしょう。

特定のアカウントのツイートを検索する方法
検索ボックスに「from:@アカウント名 キーワード」を入力します。これで自分のアカウントから目的のツイートを探し出すことができます。

そのほかの追加方法

「いいねしたツイート」

自分が「いいね」を押したツイートがタイムラインで下に表示されます。右のチェックマークをクリックすると「追加」されます。「モーメント」に並ぶのはこのチェックの順番どおりで自動的に時間順に配置されるわけではありません。ただしあとで「モーメント」内での表示順を変えられるのでここは気になるものを自由にチェックしていきましょう。

(画像は古いそらよりブログのものです)

 

moment05

 

「アカウント別ツイート」

moment08

アカウントを指定してツイートを集めることができます。デフォルトでは自分のアカウントが選ばれており、下にタイムラインが表示されています。

 

 

「ツイートへのリンクから」

moment10

ツイートを直接指定してURLで集めることができます。

四つのメニューはたとえば「いいねしたツイート」と「アカウント別ツイート」などを1ページ内で複数使うことができます。

 

検索したツイートを選択

1805moment05

検索結果が表示されるので目的のツイートを選択。右横のチェックボックスをクリックします。

 

ツイートの表示順を変更する、削除する

1805moment06

「モーメント」にまとめるツイートを複数選択したら、右横の上下ボタンで表示順を変更することが可能です。また「X」ボタンでツイートを削除できます。

 

モバイル用に画像をトリミング

1805moment07

また右横下には画像を「モバイル用にトリミング」できるボタンがあります。クリックした先の画面で各ツイートごとにトリミング可能ですが、僕は面倒なので「モバイルでも画像全体を表示」を選択しています。これに一度チェックを入れると対象「モーメント」のすべてのツイートの画像にデフォルトで適用されるので便利ですよ。

 

カバー画像を選ぶ

1805moment08

ツイートを選んだら、つぎに「モーメント」のタイトルに表示されるカバー画像を選択します。

自分のツイートの画像や動画、あるいは任意の画像をアップロードし使用できます。

「カバーを選ぶ」をクリックするとつぎのような画像が表示されます。

1805moment09

今回はピエロの画像を使用します。

 

カバー画像をトリミングする

カバー画像を選択するとトリミング画面が表示されます。

1805moment10

[1] ファインダー枠でトリミング範囲を決めます。

[2] 「次へ」をクリックします。すると「モバイルビュー」のトリミング画面へと移るので、同様にファインダー枠でトリミング範囲を決めます。最後に「保存」をクリック。

これでカバー画像が設定できました。

1805moment11

つぎに「モーメントを作成」画面のトップ左上のメニューから「その他」の設定を行います。

 

その他:携帯端末用のテーマ色を選択

1805moment12

1805moment13

 

その他:このモーメントを不適切な内容を含むものとして設定する

1805moment14

1805moment15

Twitterでは設定項目の「プライバシーとセキュリティ」の「安全性」から「検索」時に「不適切な内容を表示しない」設定が選択できます。これに対応し「モーメント」もその内容の有無を表示しておきます。

 

その他:位置情報を公開

1805moment16

1805moment17

あくまでマッチングのための利用であり位置情報は公開されないと明記されているため、僕は「オン」にしてあります。

 

その他:モーメントのリンクのみを作成

1805moment18

1805moment20

限られた人にだけ「モーメント」を公開する場合は、リンクのみを作成します。URLを取得し、相手に知らせましょう。URLは「モーメント」の各画面からも取得できます。

 

その他:モーメントの公開をやめる

1805moment22

1805moment23

「モーメント」を一時的に非公開にするができます。

 

その他:モーメントを削除

1805moment19

「モーメント」を削除します。「公開をやめる」とは異なり復活することはできません。

 

並べ替え

1805moment21

また「モーメント」内のツイートを一括して並べ替えることができます。

これで「モーメント」の設定が整いました。

 

「モーメント」を公開

1805moment24

最後に「モーメントを作成」画面トップ右上の「モーメントを公開」をクリック。

1805moment25

再度「モーメントを公開」をクリックし完成です。

 

「モーメント」にツイートを追加する

既存の「モーメント」に新たなツイートを追加するのはとてもかんたんです。

1805moment26

目的のツイートを表示し、右上の「V」マークをクリック。目的の「モーメント」への追加を選択します。

 

「モーメント」を編集する

既存の「モーメント」をあとから編集することもできます。

1805moment27

Twitterのメニューバーのアイコンから「モーメント」を選択。

 

1805moment28

目的の「モーメント」をクリック。

 

1805moment29

「編集」をクリック。

 

1805moment30

「続ける」をクリックし、編集画面が表示できます。

 

「モーメント」をサイトに埋め込む

作成した「モーメント」は「モーメントをサイトに埋め込む」でコードをコピー&ペーストすれば、ブログなどに掲載できます。また「モーメントのリンクをコピー」でURLを取得できます。

1805moment31

Twitterのメニューバーのアイコンから目的の「モーメント」を表示し、「三点」マークから「モーメントをサイトに埋め込む」を選択。

コードを取得し、サイトに埋め込みます。

ただし埋め込みもURLの貼付も選択した「モーメント」内のすべてのツイートが表示されてしまいます。多くのスペースを占領することになるのでご注意ください。

 

「モーメント」でブックマークを作成する

Twitterのブラウザ版には2018年5月13日現在ツイートの「ブックマーク」機能はありません。TwitterアプリやTwitter for Windows10アプリにはが搭載されており、とても残念です。

でも「モーメント」によってブックマークすることが可能です。

詳細は本ブログのこちらをご覧ください。

 

スマホで「モーメント」を作る方法

ここではAndroidのTwitterアプリで解説します。

「モーメント」を選択

1805moment32

Twitterにログインし「ホーム」の左のアイコンをタップします。

 

1805moment33

表示される候補から「モーメント」を選択。

 

「モーメント」追加の「+」アイコンをタップ

1805moment34

 

タイトルを入力し、設定をチェック、ツイートを選ぶ

1805moment35

[1] 「モーメント」のタイトルと説明を入力します。

[2] 「設定」をチェックします。

1805moment36

1805moment37

「閲覧注意のタグを追加」や「位置情報を公開」が選択できます。各詳細は前述のパソコン版の解説をご参照ください。

また「モーメントを削除」できます。

[3] 「+」マークをタップし、ツイートを追加します。

 

検索したツイートを選択

1805moment38

ツイートの追加は「自分のツイートから」「いいね」「検索結果」の三つから実行できます。ここでは「検索結果」で追加しました。

検索ボックスに「from:@アカウント名 キーワード」を入力し、自分のアカウントからツイートを検索します。頻繁に使用することになるので入力の手間を省くため「from:@アカウント名 」はお使いのスマホに辞書登録しておくとよいでしょう。

ちなみにASUS ZenFoneの辞書登録方法はこちらとなります。

asusdic_windic32
ZenfoneのATOKにWindowsのIMEユーザー辞書を一括登録または1語ずつ登録する方法

目的のツイートが検索できたら、右下の「三点」マークをタップします。

 

1805moment39

ツイートにチェックマークがつくので、右上の「完了」をタップします。

 

ツイートを並び替える

1805moment40

複数のツイートを選択すると表示順を並び替えることができます。「並び替え」をタップします。

 

1805moment41

移動したいツイートのアイコンを長押しし、任意の場所に移動します。削除したいツイートはアイコンの「X」ボタンをクリックします

 

カバー画像を設定

1805moment42

「モーメント」のカバー画像をツイートやスマホから選択・表示することができます。中央の画像マークをタップします。

 

1805moment43

画像を選択し「完了」をタップ。

 

1805moment44

「モーメント」の編集画面が表示されます。

[1] 選択した画像のトリミングが可能です。

[2] カバー画像を変更することができます。

[3] 問題なければ「モーメントを公開」をタップします。

 

モーメントを公開

1805moment45

再度「モーメントを公開」をタップ。

 

1805moment46

作成した「モーメント」のURLが表示されます。「ツイート」して告知するか、「下書き(限定公開)」にするか選択できます。「下書き(限定公開)」とした場合は公開したい人だけにURLを告知しましょう。このURLはあとで取得することも可能です。このまま「X」をタップし閉じてもかまいません。

 

「モーメント」を編集する

1805moment47

「モーメント」は公開後に編集することができます。「モーメント」カバー右上の「えんぴつ」マークをタップし編集画面を表示します。

また「モーメント」カバー右上の「共有」マークをタップし、「共有する」>「クリップボードにコピー」を選択すれば、この「モーメント」のURLを取得できます。

 

「モーメント」の公開をやめる

1805moment48

「モーメント」の編集画面を表示し、再下段の「設定」をタップ。

 

1805moment49

「モーメントの公開をやめる」をタップします。

 

以上、パソコンとスマホでのTwitter「モーメント」の使い方でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

 

お役立ち記事

pdfedit 1
ipodアイキャッチ 2
Twitterスパムアイキャッチ 3
spotify_sf_size01 4
171106twittertsuchi2 5
photo_gallery10 6
spotify_1807 7
pokego161214_2 8
cdrive_partition 9
無線LAN04-2 10
mercari 11
Evernote新機能01 12
twitter_list 13
hub02 14
no image 15

-サービス
-

Copyright© IT-SORAYORI , 2018 All Rights Reserved.