身の周りの"I"ntelligent "T"hingsを使いこなすため日々ブレイクスルーに挑んでます。

円簿会計/円簿青色申告を複数人で使用するのに便利なYahoo!JapanIDの設定方法

この記事は約10分で読めます。

クラウド円簿が提供する円簿会計(法人用)と円簿青色申告(個人事業用)は永久無料で利用でき、小さい法人・個人事業にはおすすめなクラウド型会計ソフトです。クラウド型であるためデバイスを選ばずWindows、Macどちらからでも利用できる点も注目です。

クラウド円簿
無料で使える高性能の会計ソフト、青色申告ソフト、営業支援ソフトを提供。さらに、助成金/補助金情報や無料フォーム集など、小規模企業のためのビジネスポータルサイトです。

しかし利用登録する前に、ぜひこちらの記事を読んでおいていただきたい。

円簿会計や円簿青色申告(以下「円簿」)を利用するにはYahoo!JapanIDの登録とそのアカウントでのYahoo!サイトへのログイン(接続)が必要ですが、何も工夫せず登録してしまうと複数人で同一の円簿を使用するときちょっと不便なことが巻き起こってしまうのです。

スポンサーリンク

つねにYahoo!JapanID所有者に確認が求められる問題

問題1:同時ログイン不可

Yahoo!JapanIDは複数の使用者によって同時にログインすることはできません。
たとえばAさんが円簿に登録したYahoo!JapanIDは普段別のサービスでも活用しており、常時ログインがオンの状態であったとします。するとBさんが円簿にアクセスしようとしてもできません。いったんAさんに連絡し、ログアウトしてもらなくてはならないわずらわしさが存在します。

問題2:確認コード

たとえば円簿にAさん所有のYahoo!JapanIDを登録したとします。そこにBさんが円簿に入力したり閲覧するため予めYahoo!サイトに接続しようとするとAさんに二段階認証が求められ確認コードが送られます。その確認コードについてAさんからの報せを受けて、初めてBさんが円簿を使用できます。
Bさんが円簿を使用するたびにAさんに確認が求められるわずらわしさが存在します。

このふたつの問題は、じつはYahoo!JapanIDの設定方法によって大幅に改善することが可能です。

解決策1:新しいYahoo!JapanIDを取得しよう

同時ログイン不可の不便さを少しでも改善するため、円簿専用の新しいYahoo!JapanIDを取得しましょう。そうすれば円簿に入力したり、閲覧したりする場合以外は誰もログインしていないことになり、同時使用のタイミングは大幅に減少するはずです。

もしも従来から使用のYahoo!JapanIDを円簿に登録してしまった場合、帳簿の入力がまだでしたら、即座に新しいYahoo!JapanIDで円簿に再登録することをおすすめします。円簿では同じ利用者名でもYahoo!JapanIDが異なれば何回でも登録できます。

Yahoo!JapanIDを追加(新規)取得する方法は以下のとおり。

(1)Yahoo!サイトを表示します

https://www.yahoo.co.jp/ にアクセスしYahoo!サイトを表示します。

上の画像はすでにYahoo!サイトにログインしている状態です

すでにYahoo!JapanIDを取得しログインしている場合は矢印の位置に「登録情報」ボタンが表示されています。Yahoo!JapanIDを取得していない場合はここに「新規作成」のボタンが表示されます。

新しいYahoo!JapanIDを取得するにはこのボタンをクリックしましょう。

(2)「別のIDでログイン」をクリック

(3)「新規取得」をクリック

(4)携帯電話番号を入力

ほかのYahoo!JapanIDで携帯電話番号を使用しているので、ここは入力しないで「次へ」ボタンを押しても無効扱いとなってしまい次へ進めません。じつはYahoo!JapanIDの新規取得には携帯電話番号の登録が必須になっているのです。

しかしご心配は無用です。すでに使用中のYahoo!JapanIDからいったん携帯電話番号を削除し、一時的にこちらの新規取得で登録した後、再度すでに使用中のYahoo!JapanIDに戻すといった操作が可能です。ただしログインに関するほかの設定内容によっては携帯電話番号を削除するとログインできなくなるため注意が必要です。これについては次項で解説します。

(5)使用中のYahoo!JapanIDから携帯電話番号を削除

ほかのYahoo!JapanIDで携帯電話番号を使用している場合、上記画像のアラートが表示されます。「はい」をクリックするとほかのYahoo!JapanIDから携帯電話番号が削除されますが、先述のとおり、ログインに関するほかの設定内容によってはログイン不能となる恐れがあります。そこでいったんそちらの設定を確認しておくことをおすすめします。

携帯電話番号を削除してもよいログインの設定とは

ブラウザで新規タブを立ち上げ、この記事の(1)(2)の手順で携帯電話番号を使用している別のYahoo!JapanIDにログインします。

上記画像の「登録情報」画面で「ログインとセキュリティ」をクリック。

上記画像の「ログインとセキュリティ」画面で「パスワード(ブラウザ・アプリ)」が「有効」になっているか、あるいは「確認コードでログイン(メール)」が「設定済み」になっていることを確認してください。もちろんパスワードの内容と確認コードが送られるメールアドレスが現在も有効であることも併せて確認願います。

どちらかが有効・設定済であれば携帯電話番号を削除してもかまいません。

ちなみにアカウントの取得時期によっては「パスワード(ブラウザ・アプリ)」の項が表示されない場合があります。いつからか初期設定時に「パスワード」がなくなり「確認コードでログイン」のみとなっているからです。

確認できたら

操作途中となっていた上記の画面のタブを表示させ「はい」をクリックします。

これで使用中のYahoo!JapanIDから携帯電話番号が削除されます。

(6)新しいYahoo!JapanIDに携帯電話番号を設定

前項からの続きです。

「はい」をクリックすると確認コードが入力した携帯電話番号にSMSで送信され、つぎの画面へと遷移します。

赤枠の部分にスマホや携帯電話のSMSで受信した確認コードを入力し「確認する」をクリックします。

続いて個人情報を入力し、最下段にある「登録する」ボタンをクリックします。

新しいYahoo!JapanIDが登録できましたが、さらに「オプション設定」が問われます。

「PayPay利用手続き」「Tポイント利用手続き」は「利用しない」を選択し「次へ」。

これで新しいYahoo!JapanIDに携帯電話番号が設定できました。ログイン時に携帯電話番号を入力するとSMSで確認コードが送信され、それを入力することでログインできます。

しかし、ここでは設定した携帯電話番号はすでにほかのYahoo!JapanIDで使用していたものなので、すぐに戻さなくてはなりません。

他の方法でログインできる設定をしなくてはなりません。そしてこれこそが「問題2:確認コード」の解決策へと進む入り口なのです。

解決策2-1:確認コードをメールで受信/新しいYahoo!JapanID所有者のメールアドレスを登録

まず携帯電話番号を外しても、メールで「確認コード」を受信できるように設定します。

(1)「ログインとセキュリティ」下の「詳細」をクリック

前項(1)(2)の手順で新しく取得したYahoo!JapanIDにログインし、「登録情報」画面「ログインとセキュリティ」の下の「詳細」をクリックします。

(2)「確認コードでログイン(メール)」下の「設定する」をクリック

「ログインとセキュリティ」画面が表示されます。

画面右の「確認コードでログイン(SMS)」が「設定済」になっていることがわかります。

しかし左の「確認コードでログイン(メール)」がまだ「未設定」です。この状態で携帯電話番号を外してしまうとログインできなくなります。

それを回避するため「確認コードでログイン(メール)」下の「設定する」をクリックします。

(3)「ログインとセキュリティ」下の「詳細」をクリック

「確認コードの利用設定」画面が表示されます。

ここで「確認コードのメール送信」を「利用する」に。

そして「メールアドレスの追加」をクリックします。

(4)「連絡用メールアドレス」の「設定」をクリック

すると「連絡用メールアドレス」が表示されます。これは新しくYahoo!JapanIDを作成した際に入力した個人情報の「連絡用メールアドレス」です。

このアドレスの右横に表示されている「設定」ボタンをクリックします。

すると「確認コード」が「連絡用メールアドレス」に送信されるので、そのコードを入力します。

「連絡用メールアドレス」が「設定済」になったことを確認し「ご利用中のサービスに戻る」をクリックします。

(5)メールアドレスを選択し「設定」ボタンをクリック

すると再度「確認コードの利用設定」画面が表示されるので「メールアドレスの選択」のラジオボタンにチェックを入れ、「設定」をクリックします。

この後、携帯電話番号のSMSで「確認コード」を受信し、それを入力することでメールアドレスの設定は完了します。

念のため「ログインとセキュリティ」画面で確認してみましょう。

「確認コードでログイン(メール)」が「設定済」になっているはずです。

これで携帯電話番号を外せることでできるようになりました。上の画像の右側「確認コードでログイン(SMS)」下の「設定する」からその設定ができます。

ちなみに下の「メールアドレスログイン」も「設定済」に変化しました。これはログイン画面に「連絡用メールアドレス」を入力することでログインできるようになったことを示しています。これが次項に続く重要なポイントです。

解決策2-2:確認コードをメールで受信/円簿を使用するひとのメールアドレスを登録

ここで、もう一度「問題2:確認コード」の内容をチェックしてみましょう

たとえば円簿にAさん所有のYahoo!JapanIDを登録したとします。そこにBさんが円簿に入力したり閲覧するため予めYahoo!サイトに接続しようとするとAさんに二段階認証が求められ確認コードが送られます。その確認コードについてAさんからの報せを受けて、初めてBさんが円簿を使用できます。
Bさんが円簿を使用するたびにAさんに確認が求められるわずらわしさが存在します。

これはどういうことか、さらに詳しくご説明します。

上の画像のように新しく作成したYahoo!JapanIDにログインするには「ID」「携帯電話番号」「メールアドレス」のいずれかを入力しなければなりません。

そしてどの方法を選択しても次のステップで「確認コード」の入力が求められます。しかしその「確認コード」は、現段階では常に所有者(前項までの設定の結果メールアドレス)に送られる仕組みになっているのです。

これを解消するため、ここでは円簿を使用する複数人それぞれのメールアドレスを新たに登録します。つまり「確認コード」が円簿を使用したいひとのメールアドレスに個別に送られるようにするのです。

円簿を使用するひとのメールアドレスを登録する方法は以下のとおり。

(1)「メールアドレスログイン」の「設定する」をクリック

新しく取得したYahoo!JapanIDにログインし、「ログインとセキュリティ」画面を表示します。

そして「メールアドレスログイン」の「設定する」をクリックします。

(2)「メールアドレスの追加・削除」をクリック

すると「メールアドレスログイン設定」画面が表示されるので「メールアドレスの追加・削除」をクリック。

(3)円簿を使用するひとのメールアドレスを登録

「連絡用メールアドレス」の欄に円簿を使用するひとのメールアドレスを入力し、「追加」をクリックします。

すると「メールアドレスの確認」が表示されます。ここで「メールアドレスログイン設定」のチェックは外します。チェックが入ったままにすると新たなYahoo!JapanIDが作成されてしまいます。ここではそうした操作は不要です。

下の「送信」をクリックするとここで設定したメールアドレスに「確認コード」が送信されます。アドレスの所有者にその「確認コード」を教えてもらい入力します。

これで円簿を使用するひとのメールアドレスの登録は完了です。

(4)使用済みのメールアドレスは登録しない

ちなみに前項(3)で「連絡用メールアドレス」の欄に円簿を使用するひとのメールアドレスを入力し、「追加」をクリックすると、つぎの画面が表示されることがあります。

これは登録しようとするメールアドレスがすでにほかのYahoo!JapanIDで使用されていることを告げるものです。このまま「設定」をクリックするとほかのYahoo!JapanIDのログインに使用できなくなります。ここはいったん「キャンセル」し、アドレスの所有者に確認してもらいましょう。ほかのメールアドレスを教えてもらうことをおすすめします。

まとめ

円簿を複数人で使用するには

1.新しいYahoo!JapanIDを取得します

2.携帯電話番号を外せるように新しいYahoo!JapanIDの所有者のメールアドレスを登録します

3.新しいYahoo!JapanIDに円簿を使用するひとのメールアドレスを登録します

これで円簿へのアクセスが驚くほど快適になります。

タイトルとURLをコピーしました