モバイル

ポケモンGOが使えない固まる遅い「低スペック格安スマホ」が遭遇する壁の対処法

投稿日:2016年7月24日 更新日:

この記事は2016年7月ポケモンGOサービス開始時、メモリ1GB・ストレージ8GBの低スペックのAndroidスマホで起きた問題やその後の不具合を取り上げ、対処法を探ってきました。

公開から数年が経過し構成が複雑になったため、ここでいったん整理します。

 

推奨環境に適合していますか?

まずは念のため現在の推奨環境をご確認ください。

推奨環境 Android 版
Android 4.4 以上
・解像度 720x1280 ピクセル (タブレットには最適化していません)
・ネットワーク環境(Wi-Fi, 3G, or 4G)
・GPS、位置情報サービス
・Intel CPU搭載端末はサポート対象外

出典:ポケモンGO公式サイト

Androidバージョンは適合しているでしょうか。

では以下、トラブルごとにその対処法を解説します。

なおこの記事の見解はあくまで僕個人のものであり、公式に認められているものではないことをあらかじめご了承ください。

 

カテゴリー[1]低スペックスマホが原因と思われる問題

現在、僕のスマホはメモリ2GB・ストレージ16GB・Androidバージョン5.1.1のASUS ZenFone Go ZB551KL(SIMフリー)です。ポケモンGOを始めた頃に比べ約2倍のメモリとストレージ容量です。

端末は進化していますが、それでもうっかりすると能力ぎりぎりで動かしていることがあります。

 

メモリが足りずインストールできない

ポケモンGOを始めるにあたり、メモリの空き容量が足りないためアプリをインストールできない場合があります。

そんなときは設定>「ストレージ」で「キャッシュデータ」を削除してください。この操作で一時的にGBレベルで空き容量を増やすことが可能です。また併せて不要なアプリを削除してください。

2019年2月現在、バージョン0.133.1ではインストール時212MBのアプリ分の空きが必要となっています。

pokemongo190218

ちなみに上画像の「データ 369MB」はゲームを進行させるにつれ増えていく部分です。現在、僕はポケモンGOで合計581MBのメモリを消費していることがわかります。

 

アップデートしたら起動できない

これは2018年8月25日以降のiOS版バージョン 1.85.4で発生した問題です。今後Androidでも起こる可能性があるので、おかしいなと思ったらアプリをアンインストールし、再度インストールし直してみてください。

 

突然シャットダウンしてしまう

メモリ不足で動作が不安定になっている可能性があります。まず「設定」>「アプリ」>「Pokemon Go」を開き、「キャッシュを消去」しましょう。またスマホ本体に購入時からバンドルされている最適化・クリーナーアプリでメモリを解放します。アプリの自動起動を停止しておくことも有効です。

たとえばZenFoneでは「ASUS Mobile Manager」アプリで解放と停止ができます。

 

画面がフリーズして動かない

アプリの再起動あるいはスマホ本体の電源を再起動することで改善できます。

マルチタスク画面でポケモンGOアプリをいったん終了しアプリを再度起動、あるいはスマホ本体の電源を切り、再度起動します。

 

アプリが勝手に終了してしまう

前記同様、アプリの再起動あるいはスマホ本体の電源を再起動することで改善できます。

 

ポケモンの名前を変更するための入力画面が立ち上がらない

前記同様、アプリの再起動あるいはスマホ本体の電源を再起動することで改善できます。

 

ARモードにするとポケモンが消える

これはスマホ本体にジャイロセンサー(ジャイロスコープ)が搭載されていないことが原因です。ポケモンが登場すると画面右上にARボタンが表示されますが、これをスライドさせONにしても、ポケモンはカメラ画像に表示されません。しばらくすると「傾きが検知できません」とアラートが表示されるはずです。ほとんどの低スペックスマホにジャイロセンサーは搭載されていないので、残念ながらあきらめるほかありません。

 

「Failure to initialize!」で起動できない

起動時に「Failure to initialize!」と表示され先に進めない現象が置きました。原因はポケモンGOアプリを「SDカード」に移動していたことのようです。詳細はこちらの記事をご参照ください。。

failuretoinitialize01
ポケモンGOでFailure to initialize!が出たときの解決例

 

バッテリーがすぐなくなる

pokemongo190219

ポケモンGOの「設定」を開き「音楽/なし」「効果音/なし」「バッテリーセーバー/チェック(端末を下に傾けるとバッテリーセーブ)」に設定しておきます。

「振動(ポケモン登場を知らせてくれる)」「いつでも冒険モード」は便利なのでチェックを入れておきましょう。

ほかは任意でかまいません。

念のため長時間の外出時には予備のバッテリーを携帯しておきます。

 

カテゴリー[2]MVNOが原因と思われる問題

MVNO(仮想移動体通信事業者)を2019年2月に楽天モバイル(ドコモ回線)からmineo(au回線)へと変更しました。このMVNOの切替によりポケモンGOの使用感が激変しました。

一般にau回線よりドコモ回線の方が接続しやすいといわれます。ただそれが一概に優れているとは断定できません。電波状況によるものと思われる“精度”の差がポケモンGOの動作にさまざまな影響を及ぼしているようなのです。

もしそれが不都合なものである場合、根本的な解決には回線を変えるしかありません。そこでポケモンGOの挙動の好みによって回線が選べるよう僕の体験をシェアしておきます。

 

GPSの信号を見失う

pokego0805_03

起動直後やゲーム中に、画面左上にモンスターボールが現れ回転することがあります。これは通信レベルが低下しているか、サーバーへのアクセスが滞っていることのサインです。これが続くとやがて画面上部に赤い帯が現れ「GPSの信号をさがしています」の通知が表示されたりします。さらに「ネットワークエラー」となることがあります。

これは都市部繁華街で楽天モバイル(ドコモ回線)よりmineo(au回線)のほうが発生率が高い印象です。とくに多くの人が集中する人気のレイドバトルでmineo(au回線)は頻発します。

しばらく待つか、いったん移動してみるか、アプリを再起動すると解消される場合があります。

 

室内でマップが表示されない

田舎にある実家は厚い茅葺屋根が残っています。ちょっとした地下状態にあるのだと思います。

そのためか楽天モバイル(ドコモ回線)は室内でマップがまったく表示されない状態でした。ポケストップやジム、ポケモンももちろん表示されません。ただし屋外に出ると解消されました。

それがmineo(au回線)に変えたところ室内でもマップが表示されるようになったのです。しかも遠くのポケストップにランダムにジャンプするようになりました。

 

外出中ジムやポケストップが使いにくい

mineo(au回線)に変えてからジムやポケストップの目の前に立っているのに「遠すぎます」と表示されアクセスできない現象が発生するようになりました。

また楽天モバイル(ドコモ回線)で高速移動(電車)中にジムやポケストップを回そうとすると表示された「少し時間をおいてください」がmineo(au回線)では停止中でも頻繁に表示されるようになりました。

これはmineo(au回線)がプレイヤーが停止中にも関わらず、頻繁に地図中をジャンプしてしまうからです。

おそらく位置を捉える“精度”が楽天モバイル(ドコモ回線)に比べ劣っているからと思われます。

外出中のジムやポケストップへのより確実なアクセスをお望みでしたら断然ドコモ回線のMVNOがおすすめです。

ジャンプしがちなau回線のメリット

mineo(au回線)はおもに屋内でプレイする方に向いています。

自宅ではWi-Fi接続で使用しているのですが、4G回線に切り替えたところ、従来アクセスできなかった遠くのジムやポケストップをランダムに徘徊するようになりました。方角はおよそ北西と南東の軸、距離はそれぞれ最大約500m。ジャンプした先のわずかな滞在時間でポケストップを回し、ポケモンをゲットすることが可能です。うまくいけば比較的長く滞在することもありジムバトルやレイドバトルを行うこともできます。もちろん歩いた距離もそれなりに稼げます。

ただし徘徊を続けると「少し時間をおいてください」と表示されジムやポケストップがしばらく利用できなくなるので時間を空けてプレイしましょう。

使用できるパケット量(いわゆる「ギガ」)がふんだんにあれば、自宅で4G回線を利用しポケモンGOをさらにたのしめます。mineo(au回線)には追加料金なしで家族や友人のパケットを分けてもらえる「パケットシェア」というサービスがあります。

スポンサーリンク
あなたのスマホそのままで使える!mineo

mineo(au回線)の「パケットシェア」に興味のある方はこの記事もぜび!


 

高速移動(電車)中にジャンプする

電車での移動中も大きな変化がありました。

楽天モバイル(ドコモ回線)とmineo(au回線)では明らかに前者のほうが、位置の変化に忠実でした。電車の移動に併せて走るトレーナーの表示時間はより長く、途中のポケストップ、モンスター、ジムをより多く把握・表示してくれます。

一方mineo(au回線)に変えてからは、ほとんどジャンプばかりで、ポケストップ、モンスター、ジムを認識する間もなく次の位置へと移動してしまいます。

位置情報を取得するスピードの差がゲームでの反応の差として現れたかたちです。電車の中でのポケモンGOなら、ドコモ回線のMVNOがおすすめです。

 

まとめ

低スペックスマホは機能や装備そのものが年々底上げされ、ポケモンGOとの親和性は向上している印象です。

一方、MVNOが原因と思われる問題はさまざまで、個人の使用環境によって適不適の回線タイプがあるように思います。

この記事でシェアしているのは楽天モバイル(ドコモ回線)とmineo(au回線)のたった2例です。ただドコモ回線とau回線のおよその傾向はご理解いただけたかと思います。

もしもポケモンGOの操作に大きな不満がある場合は一度回線の乗り換えを選択肢に入れてみることをおすすめします。

 

この記事で解決しなかった方はこちらをぜひどうぞ。

ポケモンGO公式ヘルプ

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

お役立ち記事

jose-ros-photo-1307491-unsp 1
renet01 2
181115serverplan3 3
171106twittertsuchi2 4
pdfedit 5
Twitterスパムアイキャッチ 6
photo_gallery10 7
spotify_1807 8
ipodアイキャッチ 9
プリンター250 10
Evernote新機能01 11
無線LAN04-2 12
zenfone_filedelete46 13
kensaku05 14
spotify_sf_size01 15

-モバイル
-, ,

Copyright© IT-SORAYORI , 2019 All Rights Reserved.