パソコンWindows10版のLINEがアップデートできないときの原因と対処法

lineupdate13

 

2019年2月7日現在、Windows10版のLINEアプリがアップデートできない症状が発生しています。LINEアプリを開いた際に表示されるアップデートのダイアログをクリックすると起こる現象です。

考えられる原因と実際に成功した対処法をシェアします。

 

LINEアプリから突然アップデートのお知らせが

Windows10にLINEアプリをインストールし使っています。ある日、LINEを開くとつぎのダイアログが表示されました。

lineupdate14

 

更新のお知らせのようです。素直に「アップデートする」をクリックしました。

lineupdate02

すると上画像が表示されました。「Microsoft Store」のLINEアプリのページです。

アップデートに該当するボタンが見当たらないので、とりあえず「起動」をクリックしてみましたが、なんら変化が見られません。

 

バージョンを調べてみる

念のため現在使用しているLINEアプリのバージョンを調べてみました。

lineupdate03

[1] LINEアプリ画面左のメニューから「設定」ボタンをクリック。

[2] ポップアップでメニューが表示されるので「LINE情報」を選択。

 

lineupdate04

するとLINEのアップデート履歴が表示されます。

[1] 現在使用しているLINEは「ver 5.12」であり「最新バージョン」とあります。

[2] しかしそのすぐ下には「ver 5.13」の存在が示唆されています。

どうやら先ほどの操作(「起動」をクリック)ではアップデートできていないようです。

早くもここで袋小路にハマッてしまいました。

 

LINEアプリがアップデートできない原因

そこで一度LINEアプリをアンインストール(削除)し「Microsoft Store」から再インストールしてみました。

lineupdate05

タスクバーのWindowsアイコンから左クリックで表示できる「予定と近況」から「Microsoft Store」をクリック。LINEアプリを検索し、ダウンロードを実行します。

 

lineupdate08

 

しかし途中でエラーが発生し、完了できません。対処法として「デバイスの再起動」が案内されていたので、パソコンを再起動してみましたが、やはりインストールできません。

ここでネットを検索してみると「LINEアプリのインストールはLINEのオフィシャルサイトから」とする案内が複数あることに気付きました。

なるほど、原因と思われるものが特定できました。

 

[st-cmemo fontawesome=”fa-lightbulb-o” iconcolor=”#FFA726″ bgcolor=”#FFF3E0″ color=”#000000″ iconsize=”100″]

「Microsoft Store」のLINEページはダウンロードの実行に不具合がある。
そのためアップデートも受け付けない。

[/st-cmemo]

 

LINEアプリのアップデート対処法

原因が分かったので、対処法はとてもかんたんです。

[st-cmemo fontawesome=”fa-lightbulb-o” iconcolor=”#FFA726″ bgcolor=”#FFF3E0″ color=”#000000″ iconsize=”100″]LINEアプリをパソコンからいったんアンインストール(削除)し、「Microsoft Store」ではなくLINEオフィシャルサイトからダウンロード・インストールすればよい[/st-cmemo]

のです。

 

[st-step step_no=”1″]LINEアプリのアンインストール[/st-step]

こちらの記事を参考に実行してください。

[st-card id=10110 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

 

[st-step step_no=”2″]LINEアプリのダウンロード・インストール[/st-step]

LINEオフィシャルサイトのダウンロードページ(https://line.me/ja/download)[icon name=”external-link” class=”” unprefixed_class=””]からLINEアプリをダウンロードします。

lineupdate06

 

ダウンロードしたexeファイルをダブルクリックしインストールを実行します。

lineupdate07

 

インストールを実行するとすぐさまつぎのダイアログが表示されました。

lineupdate09

アプリ実行の可否の判断を支援するWindows「SmartScreen」という機能が使えないことを知らせるものでした。オフィシャルサイトからダウンロードしたものであるのでまったく問題ないと判断し「実行」ボタンをクリックしました。

 

[st-step step_no=”3″]ログイン[/st-step]

lineupdate10

インストールが完了すると「ログイン」画面が表示されます。登録してある「メールアドレス」と「パスワード」を入力し「ログイン」します。

「自動ログイン」「Windows起動時に自動実行」にチェックを入れ有効にしておくと便利です。

 

lineupdate11

アプリへの最初のログインとなるので本人確認が必要です。表示されたコードをスマートフォン版LINEに入力し認証を完了します。

LINEに保存されているデータはすべて復元されます。

 

lineupdate12

念のためバージョンを確認してみます。

アップデート履歴とインストールした最新バージョンが一致しています。

これでアップデートは完了です。

 

まとめ

パソコンWindows10版のLINEでアップデートを促すダイアログが表示されたら…

lineupdate14

クリックしてはいけません。

パソコン版LINEをアンインストール後、オフィシャルサイトから再インストールしましょう。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください