パソコン モバイル

スマホにメモしパソコンで取り出すメモ帳アプリとGoogleドライブの活用法

投稿日:2017年11月11日 更新日:

夜中にブログ記事のアイデアが浮かぶことがあります。論旨と記すべき言葉が、とうとうと湧き出てきます。しかし脳にしっかり刻んだつもりでも、翌朝には思いついたことさえ忘れていたということがつねで非効率なことこの上ありません。

 

そういえばあるノーベル賞科学者は枕元でメモを取るとおっしゃっていました。翻ってわが家は同じベッドに連れ合いが寝ており、灯りに敏感ときています。スタンドを点けるわけにはまいりません。

そこで掛け布団に隠してスマホをそっと開き、メモアプリに記入。翌日パソコンから取り出し、記事に書き起こすという方法を実践しています。

 

memoapplieye

Alex Loup

 

以前、メモにはLINEのノート機能がよいとご紹介しましたが、それはToDoや生活の備忘録、暗証番号(メモしてもバレない作り方があります)の場合であり、こうしたこっそりスピーディにメモしたいときにはやはりスマホの簡素なメモ専用アプリが便利です。

というわけで今回はAndroidアプリ「メモ帳」と「Googleドライブ」を活用しスマホ&PCでメモを共有する方法をご紹介します。

なお使用しているスマホはASUS ZenFone Go(Androidバージョン5.1.1)パソコンはWindows10です。

 

Androidアプリ「メモ帳」とは

累計ダウンロード数50万と、Androidで利用できるコンパクトなメモアプリとして定評のある「シンプルメモ」の改良版です。製作者はともにkinu026。累計ダウンロード数はまだ10万と表記されていますが、便利な機能が追加されていて、さらに使いやすくなっています。

ひらめきをメモ書きするために最も優先すべきはスピード。なにしろ別のことを考えはじめたら1秒で前のアイデアを忘れてしまうので、メモアプリはシンプルに限ります。「メモ帳」はその点において、きわめて使いやすく重宝しています。

[2017年11月11日現在「メモ帳」にあって「シンプルメモ」にない機能]

・「罫線の表示の有無」→メモ入力時の画面が選べる
・「編集画面での戻るキーの動作」→ 自動保存が選択できる
・「自動バックアップ」→全メモを1ファイルに最大10ファイルまで上書き保存
・そのほか「メモのバックアップ」「メモの復元」「バックアップの削除」ができます。メモの復元時は現在のメモすべてが消去されるので注意が必要。必ず「メモのバックアップ」を実行しておきましょう。

「メモ帳」のダウンロード

1.スマホで「Playストア」を開きます。

2.「メモ帳」で検索。「メモ帳」をタップしインストール画面を開きます。

memoappli01

3.「インストール」をタップ。

memoappli02

 

Googleドライブとは

ご存知Googleの提供するクラウド型ストレージサービスです。無料版の場合Google ドライブとGmail、Google フォトの各サービス合計で原則15 GB の容量を使用できます。MicrosoftのWordやExcelと互換性のあるファイル形式の文書やカメラで撮影した画像やスクリーンショットを保存できるのでおススメです。

まずGoogleアカウントを作成し、つぎにアプリをダウンロードします。

 

Googleアカウントの作成

こちらで作成できます。

https://accounts.google.com/SignUp?hl=ja

 

Googleドライブのダウンロード

Googleドライブの管理はスマホとパソコンのそれぞれに専用のアプリをダウンロード・インストールして行います。

[スマホに]

1.スマホで「Playストア」を開きます。

2.「googleドライブ」で検索。「googleドライブ」をタップしインストール画面を開きます。

memoappli03

3.通常Androidスマホではgoogleドライブアプリが実装されています。有効化されていない場合は「有効にする」を、すでに有効化されている場合は「開く」をタップします。

memoappli04

4.クラウド上のGoogleドライブが開きます。ここではアクセスが可能になったことを確認するのが目的なので、このまま閉じてかまいません。

 

[パソコンに]

パソコン用のGoogleドライブアプリは2018年3月に新しいアプリへと変更されます。すでに新しいアプリ「Backup and Sync(バックアップと同期)」がリリースされているので、そちらをダウンロードしましょう。

ダウンロード方法は本ブログのこちらの記事を参照してください。

googledrive_upgrade
「Googleドライブ」を管理する「Backup and Sync(バックアップと同期)」アプリの導入方法詳細

 

さてこれでスマホにメモ帳アプリとGoogleドライブアプリが、

memoappli06

またパソコンにGoogleドライブにアクセスするための「Backup and Sync(バックアップと同期)」アプリがインストールされました。

memoappli07

 

使い方

スマホにメモ

「メモ帳」アイコンをタップし、アプリを開きます。右上の「+」マークをタップし新しいメモを開きます。

memoappli08

 

①アイデアを打ち込みます。②このメモを別のアプリで共有します。

memoappli09

 

共有するアプリの候補から「ドライブへの保存」を選択します。なおここで「自分にメールする」を選択することも可能です。最下段に今回共有するアプリが「1回のみ」の使用か、「常時」の使用か、たずねられるのでいずれかを選択します。

memoappli010

僕は「1回のみ」を選択するようにしています。「常時」を選択するとあとで変更するのが少々面倒だからです。

「常時」をもとに戻す方法

スマホの「設定」から「アプリ」を選択

memoappli12

「常時」で選択したアプリ(今回はGoogleドライブ)を選択

memoappli13

「アプリ情報」の画面を下にスクロールし「デフォルトでの起動」の項で「設定を消去」をタップします。

memoappli14

 

「ドライブへの保存」を選択した場合、下の画面が表示されます。Googleドライブのアカウントと保存先のフォルダ名を確認し「保存」をタップします。

以上でスマホ側の操作は終了です。

 

パソコンで取り出す

つぎにgoogleドライブに共有保存したメモテキストファイルをパソコンで開きます。

パソコンのモニター左下に表示されている①「Backup and Sync(バックアップと同期)」アプリアイコンをクリックし、②ポップアップから「Googleドライブ」をクリックします。

memoappli15

 

「Googleドライブ」画面が表示されます。左の「マイドライブ」をクリック。

memoappli16

 

保存したファイル一覧が表示されます。先ほど保存したファイルがあります。これをダブルクリック。

memoappli17

 

ファイルが開かれました。これをコピーしメモを取り出すことができます。

memoappli18

 

まとめ

テキストベースのアイデアフラッシュをスマホとパソコンで共有するには、まずスマホに「メモ帳」とGoogleドライブの各アプリをダウンロードし、つぎにパソコンにGoogleドライブを管理する「Backup and Sync(バックアップと同期)」アプリをダウンロードします。

「メモ帳」に記入したアイデアフラッシュをGoogleドライブに保存し、パソコンの「Backup and Sync(バックアップと同期)」アプリアイコンから保存したメモを呼び出します。

以上「スマホにメモしパソコンで取り出すメモ帳アプリとGoogleドライブの活用法」でした。ぜひご利用ください。

本文中でリンクした本ブログの記事です。ぜひご参考にしてください。

linenote08
自分だけのメモをスマホとパソコンで同期させたい?LINEのノート機能なら上書き編集もできて超便利!
googledrive_upgrade
「Googleドライブ」を管理する「Backup and Sync(バックアップと同期)」アプリの導入方法詳細

 

-パソコン, モバイル
-, , , , ,

Copyright© IT-SORAYORI , 2018 All Rights Reserved.